« 「海を駆ける」:抽象的だけどありきたりで・・・ | トップページ | 「ゲティ家の身代金」:「ハンニバル」との共通点 »

2018年6月14日 (木)

「それから」:人生だなあ

363565_001

映画『それから』を皮切りに、ホン・サンス監督×キム・ミニ主演の4作品が連続公開されます。第一走者の『それから』ですが、いやー、素晴らしかった。これまでホン・サンスって特に好きではなかったんですが、これには降参です。韓国のウディ・アレンと言われる彼がモノクロで作った、まさに『マンハッタン』のような作品(物語とかは全く違いますけど、ムードがね)。

363565_003

登場人物は少なく、場所も限られてる中での会話劇という、いつもながらのホン・サンス節。でも今回は、出来が良いです。不倫をめぐるすったもんだを、実にリアルに、実にオトナな感じで淡々と、時にユーモラスに描き、そこに「人生」を滲ませます。素敵です。おしゃれです。

363565_006

男女を描いた大人な映画ってことにおいては、成瀬巳喜男作品の匂いもありますね。確かにこの男のダメさやズルさを見てると、森雅之みたいですもん。関係ないけど、不倫相手の女がやけに小保方さんに似ておりました。 そしてキム・ミニがキュートで、独自の魅力を放っておりました。『お嬢さん』でも印象的でしたが、本作では抑制が効いていながら、内面からの光があふれるミューズとして屹立しております。

363565_005

「それから部分」というか、終盤の後日談パートも、とても効いています。「時間」が効いています。時は流れ、人は移ろうのだなあ、人生だなあって感じ。この成熟。見事です、ホン・サンス。こういう作家が韓国にいるってことは、ちょっとうらやましいことです。

|

« 「海を駆ける」:抽象的だけどありきたりで・・・ | トップページ | 「ゲティ家の身代金」:「ハンニバル」との共通点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/73684074

この記事へのトラックバック一覧です: 「それから」:人生だなあ:

» それから [象のロケット]
韓国の女性アルムは大学教授の紹介で、著名な評論家でもある男性ボンワンが社長をつとめる小さな出版社に勤めることになった。 初出勤の日、夫の浮気を疑うボンワンの妻が事務所を訪れ、アルムを愛人だと勘違いし責め立てる。 夜、ボンワンからお詫びにと食事に誘われたアルムは、そこで彼の本当の愛人と顔を合わせることに…。 ラブ・コメディ。... [続きを読む]

受信: 2018年6月16日 (土) 15時19分

« 「海を駆ける」:抽象的だけどありきたりで・・・ | トップページ | 「ゲティ家の身代金」:「ハンニバル」との共通点 »