« 「ゲティ家の身代金」:「ハンニバル」との共通点 | トップページ | 「終わった人」:シニア映画の先がけ »

2018年6月16日 (土)

「夜の浜辺でひとり」:すごいぞ、ホン・サンス(キム・ミニも)

363566_003
映画『夜の浜辺でひとり』は、ホン・サンス×キム・ミニ4作品連続公開の第2弾。『それから』に次いで、これもいいです。たまらなく面白いです。やっぱりキム・ミニが輝いてます。

ドイツのハンブルクが「1」、韓国の江陵が「2」という二部構成ですが、「1」が序章という感じで短く、「2」の方が本編という感じで全然長くもあります。

363566_002

ホン・サンスとキム・ミニは実際にそういう仲なのですが、この映画の中でも監督と女優の不倫関係が描かれます。それがもうおのろけだったり、自虐だったり、自慢だったり、自己憐憫だったりと、リアルに虚実がない交ぜになっていて、とてもスリリングなのです。人によっては腹立たしくなったり鼻白んだりするのかも知れませんが、大江戸はドキドキしながら面白く観ておりました。

363566_004
『それから』でもそうでしたが、これだけ繊細な映画を作ってるのに、ズームやパンが雑! なんであんなにいいかげんで素人っぽい感じに動かすのか、謎です。 謎と言えばもう一つ、篇中に(ドイツにも韓国にも)謎の黒服男が何度か登場するのですが、あれはいったい・・・? プログラムには「彼女の感情のメタファー」と書いてありましたが、うーん、今一つ成功していないような気がいたします。

363566_001

長回しで捉えられる飲み会のぐだぐだ会話が、いつでもあれだけ魅力的な場面になるという名人芸においては、ホン・サンスって映画史上で最高峰なのではと思ってしまいますよ。同工異曲を常に高いレベルで見事に見せるってことにおいては、小津安二郎的と言えますし。いやー、これまでそんなに熱心に観て来なかったホン・サンスに、すっかりやられてしまった今日この頃です。

それにしても、まだ明るくて「夜」の浜辺には見えなかったんですけどねえ(「薄暮の浜辺」あたりではないかと・・・)。

|

« 「ゲティ家の身代金」:「ハンニバル」との共通点 | トップページ | 「終わった人」:シニア映画の先がけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「夜の浜辺でひとり」:すごいぞ、ホン・サンス(キム・ミニも):

» 夜の浜辺でひとり [象のロケット]
韓国の女優ヨンヒは既婚男性との恋に疲れ、女友達ジヨンが暮らすドイツ・ハンブルグを訪れる。 必ず会いに来ると言った恋人の言葉に期待しながらも、半信半疑でいた。 …時が経ち帰国したヨンヒは、東海岸の都市カンヌンを訪れ、ホテル傍の浜辺で知り合いの映画スタッフから声をかけられる…。 恋愛ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2018年6月17日 (日) 16時10分

« 「ゲティ家の身代金」:「ハンニバル」との共通点 | トップページ | 「終わった人」:シニア映画の先がけ »