« 「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」:古くてつらいよ | トップページ | 「デッドプール2」:相変わらずのしょーもなさ(笑) »

2018年6月10日 (日)

「友罪」:重い投げかけ

362547_003
映画『友罪』は、重かったですねー。2時間9分なのに、観ていてそれより30分ぐらいは長く感じられました。気が滅入ります。

しかも娯楽映画の枠組みを越えるほどに、説明が親切ではありません。ほのめかしたり、描かずに推測させたり、行動の意味を明確にしなかったりと、観客に委ねる部分がとても多いのです。

362547_007

秀逸なのは、主人公二人(瑛太と生田斗真)が働く部品製造工場とその労働者たちの描写。ブルーカラー・ワーカーの鬱屈や荒(すさ)み方を、デスパレートな感じに描いています。どす黒いコンプレックスと、ざらついた暴力的な空気が、何とも言えませんでした。

362547_009

夏帆はメガネをかけて地味な感じで登場します。このキャラクター、同情を誘う一方で、無意識にズルい所があるのですが、夏帆が「柄に合った」好演で、その「無意識に」って部分に説得力を与えています。

また、山本美月(この人、なぜか最近映画に出まくってますね)の雑誌記者は、彼女が演じているが故にその「薄っぺらさ」が説得力を持って迫ります。

362547_004
とにかく観る者にいろんな事を考えさせる映画です。犯罪者とその更正というテーマ、加害者の家族にとっての償いというテーマ、自分の近くに元殺人犯がいたら普通につき合えるのだろうかというテーマ・・・、映画では(当然ながら)答を出しません。私たちに重い問題を提示して、その先は観客に委ねています。その先は、リアルな社会の中で私たちがどうするかということなのでしょう。

|

« 「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」:古くてつらいよ | トップページ | 「デッドプール2」:相変わらずのしょーもなさ(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/73659847

この記事へのトラックバック一覧です: 「友罪」:重い投げかけ:

» 劇場鑑賞「友罪」 [日々“是”精進! ver.F]
詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201805260000/ 友罪 (集英社文庫) [ 薬丸岳 ] [続きを読む]

受信: 2018年6月11日 (月) 05時43分

» 友罪 [風情☭の不安多事な冒険 Part.5]
 日本  ドラマ&サスペンス  監督:瀬々敬久  出演:生田斗真      瑛太 [続きを読む]

受信: 2018年6月11日 (月) 16時11分

» 友罪 [象のロケット]
町工場で働くことになった、元週刊誌記者の男・益田と、同い歳の無口な男・鈴木は、同じ寮で暮らし少しずつ親しくなっていった。 ある事件をきっかけに益田は、17年前の連続児童殺人事件の犯人“少年A”が鈴木ではないかと疑い始める一方で、中学時代に自らが犯した罪を思い起こす…。 ヒューマン・サスペンス。 ≪心を許した友は、あの少年Aだった。≫... [続きを読む]

受信: 2018年6月15日 (金) 08時43分

« 「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」:古くてつらいよ | トップページ | 「デッドプール2」:相変わらずのしょーもなさ(笑) »