« 「夜の浜辺でひとり」:すごいぞ、ホン・サンス(キム・ミニも) | トップページ | 「羊と鋼の森」:清く正しく美しく »

2018年6月17日 (日)

「終わった人」:シニア映画の先がけ

T0022242p
映画『終わった人』は、おととし『さらばあぶない刑事(でか)』で刑事を定年退職した舘ひろしが、今度は一流銀行の子会社を定年退職して・・・という話。舘さんももう68歳なので、(若く見えるとは言え)十分そんな年齢なんですね。

監督は「ホラーの巨匠」中田秀夫。でもこの人、本当は人間ドラマやコメディの道に進んだ方が良かったのかもなんて、ちらっと思ってしまいました(顔もお笑い芸人っぽいし)。それぐらい安定感のある堂に入った演出で、けっこう松竹映画のカラーだなあって感覚もありましたね(本作は東映配給)。 そういえば、作品内で主人公の田代(舘ひろし)が、東大卒のエリートだってことで揶揄されたりするのですが、中田監督も東大卒なんですよねー。そこで抜擢されたのではないかしらん??

Main

戦後長らく(’80年代ぐらいまで)日本の会社で定年と言えば55歳でした。現在は60歳から65歳に移行する過渡期であり、既に70歳定年の導入も見えてきています。そういう時代なので、この作品で63歳となっている主人公がまだまだ若くてやる気十分なのも当たり前。そんな主人公のあがきっぷりを楽しむ作品であり、社会的要素を取り入れたコメディとして、、まずまずの出来映えです。

原作者の内館牧子さんが、老人だらけのスポーツジムの場面にカメオ出演していらっしゃいました。そういえば、そんなジムのみならず映画館って所も、近年はかなりお年寄りの多い場所になって来ております。この作品の客席も、シニア比率が高かったです。そういった意味では、今後こういう映画が増えていく土壌はあるのでしょうね。

そうそう、主人公の回想する高校ラグビー部のいさかいが、ちょっと日大アメフト部問題を連想させてタイムリーなのでありました。

|

« 「夜の浜辺でひとり」:すごいぞ、ホン・サンス(キム・ミニも) | トップページ | 「羊と鋼の森」:清く正しく美しく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/73701091

この記事へのトラックバック一覧です: 「終わった人」:シニア映画の先がけ:

» 終わった人 [象のロケット]
東大卒で一流銀行のエリート街道を歩んでいた田代壮介は、出世コースから外れ子会社に出向させられたまま、定年の日を迎えてしまう。 翌日から時間を持て余すが、公園も図書館もスポーツジムも老人ばかり。 美容師の妻・千草は仕事が忙しく、話相手にもなってくれない。 そんな彼に、第二の人生がやって来た…。 ヒューマンドラマ。 ≪定年って、生前葬だな。≫... [続きを読む]

受信: 2018年6月18日 (月) 07時54分

» 終わった人 [あーうぃ だにぇっと]
終わった人@東京国際フォーラムホールC [続きを読む]

受信: 2018年6月25日 (月) 08時17分

« 「夜の浜辺でひとり」:すごいぞ、ホン・サンス(キム・ミニも) | トップページ | 「羊と鋼の森」:清く正しく美しく »