« 「ザ・ビッグハウス」:船頭多くして・・・ | トップページ | 日本、セネガルに判定勝ち(があればなあ・・・) »

2018年6月24日 (日)

「女と男の観覧車」:人間国宝の名人芸

363579_002
映画『女と男の観覧車』は好調の続くウディ・アレン(今年83歳)による、上出来の人間ドラマ。相変わらずお見事な名人芸です。原題は“Woner Wheel”。コニー・アイランドの観覧車の名前ですね。タイトルが『男と女・・・』じゃなくて『女と男・・・』というのは、『女と男のいる舗道』とか『女と男の名誉』とか数えるほどしかありませんが、本作の内容的にはまさに「女」がメインです。それはそうと冒頭、いつものアレン作品のように黒地に白であのフォントのタイトルが出たのですが、何枚目かに英文をかき分けるようにど真ん中に大きな字で邦題が入っていて、たまげました。一瞬何が起きたのか判断できないぐらいの衝撃でした。これ、アレンさんの許諾を得ているのでしょうか?? 別にそんなことしなくたっていいじゃない。

363579_004
アレン好みの’50年代コニー・アイランドのノスタルジックな時代再現が、美しいカラー映像の中、見事です。ヴィットリオ・ストラート(今年78歳)の撮影が、外景も室内もたまらなく美しいのですが、ことに室内の場面では遊園地のカラフルな照明の色の変化に合わせて、人物の肌や髪が色合いを変えていって、それが状況や心象を補完してもいるという芸の細かさです。  一方、抜けるような青空+浜辺のベンチの絵なんかも最高に素敵でしたね。

363579_003

お話は実に舞台劇のようなトーンでありました。少しアレンジすれば、そのまま舞台化できそうです。そして、この女主人公(ケイト・ウィンスレット)の「恋に狂った」様子が、なんとも演劇的。大きな芝居をしても、映える役です。『ブルー・ジャスミン』でケイト・ブランシェットに見事な芝居をさせたアレンですが、「ケイト・・・ット」つながりでウィンスレットをキャスティングしたのでしょうか?(まさかね) それにしてもやること成すこと全てがイラっとくるトンデモ女を、堂々と好演しておりました。

363579_007
主要人物たちの外的&内的葛藤を描くことで、笑わせながら、ハラハラさせながら、こんなに面白い物語を見せてくれる・・・いやー、イーストウッドとアレンって、やっぱりアメリカの人間国宝と言えますよね。

|

« 「ザ・ビッグハウス」:船頭多くして・・・ | トップページ | 日本、セネガルに判定勝ち(があればなあ・・・) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/73741885

この記事へのトラックバック一覧です: 「女と男の観覧車」:人間国宝の名人芸:

» 女と男の観覧車 [あーうぃ だにぇっと]
女と男の観覧車@テアトル京橋試写室 [続きを読む]

受信: 2018年6月25日 (月) 08時13分

» 女と男の観覧車 [象のロケット]
1950年代のアメリカ・コニーアイランド。 遊園地でウェイトレスをしている女ジニーは、再婚同士の夫ハンプティ、連れ子の息子リッチーと3人暮らし。 彼女は脚本家を目指す大学生ミッキーと不倫中で、彼と一緒にこの街を出るつもりでいた。 そんな時、夫の娘キャロラインが、ギャングの前夫から追われていると逃げ込んで来る…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2018年6月25日 (月) 08時27分

» 女と男の観覧車 [風情☭の不安多事な冒険 Part.5]
 アメリカ  ドラマ  監督:ウディ・アレン  出演:ジム・ベルーシ       [続きを読む]

受信: 2018年6月25日 (月) 09時47分

« 「ザ・ビッグハウス」:船頭多くして・・・ | トップページ | 日本、セネガルに判定勝ち(があればなあ・・・) »