« 「菊とギロチン」:ナマ木竜麻生を見ましたよ | トップページ | 「鏡の中にある如く」:シンプルで堂々たるドラマ »

2018年7月29日 (日)

「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」:「面白い」は力なり

363665_010
映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』は、セクシー軍団が出て来るわけではなく、実話に基づく男女テニス・プレイヤーの一戦にまつわるお話。ま、『女と男のバトル』ってところです。

ビリー・ジーン・キング(キング夫人)って、エマ・ワトソンが演じてるので、とてもきれいではあるのですが、そして篇中でも二度ほど「美人」みたいなことを言われるのですが、実際の彼女って小生の記憶の中では・・・と思ったので、ネットで画像検索してみたら・・・、やっぱり小生の記憶は間違っておりませんでした。

363665_009
それはさておき、映画の出来は予想以上。さすがは『リトル・ミス・サンシャイン』('06)、『ルビー・スパークス』('12)、そして2017年の本作と、5~6年に1本程度の寡作で、その代わり良質な作品を生み出す夫婦監督、ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリスです。'70年代風俗の再現もたっぷりと、しかしその中に描かれる女性差別やLGBTに関する問題は、今日につながるものとなっています。

363665_001

悪者の男(ビル・プルマンやスティーヴ・カレル)を戯画化的なほど強調して、観客にビリー・ジーンや女性を応援させる(もちろん大江戸も応援しておりました)単純と言えば単純な作りなのですが、これでいいのです。ハリウッド的エンタテインメントとして成立させながら、本当に言いたいテーマについても無理なく考えさせる力を持った作品です。「面白い」は力なり。

363665_002

脇のキャラクターたちもそれぞれ印象的に描写されてまして、アラン・カミングなんか「いかにも」の役で、凄く説得力があって、いいですねえ。 それと、ボビー・リッグスの妻を演じたのがエリザベス・シューだとエンドタイトルで知って、びっくり。まあ『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』から29年、『リービング・ラスベガス』からだって、23年たってるわけですから、変わりはしますよね。

監督が音楽のPVも多数手がけているためか、エルトン・ジョンの『ロケットマン』やジョージ・ハリスンの『美しき人生』を使ったシークェンスが、見事に輝いておりました。さすがです。

|

« 「菊とギロチン」:ナマ木竜麻生を見ましたよ | トップページ | 「鏡の中にある如く」:シンプルで堂々たるドラマ »

コメント

<「面白い」は力なり

でしたね!

当ブログの上半期ベスト10で1位にしました(笑)

投稿: onscreen | 2018年8月 5日 (日) 00時39分

onscreenさん、上期ベスト1ですか! 小生はそこまでは行かないけれど、3本の指には入っているでしょうかね。
来年1月のベストテン、確かに豊作で激戦になりそうです。

投稿: 大江戸時夫 | 2018年8月 5日 (日) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/73943446

この記事へのトラックバック一覧です: 「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」:「面白い」は力なり:

» バトル・オブ・ザ・セクシーズ [象のロケット]
1973年、アメリカ。 全米テニス協会が発表した次期大会の優勝賞金は、男子の8分の1の金額だった。 全米女子テニスチャンピオンのビリー・ジーン・キングは大会ボイコットを宣言し、仲間と共に「女子テニス協会」を立ち上げる。 そんな彼女に、元男子テニス世界王者で男性優位主義者のボビー・リッグスが、勝負を持ち掛ける…。 ≪時代を変えた、女と男の熱い戦い!≫... [続きを読む]

受信: 2018年7月31日 (火) 10時44分

» バトル・オブ・ザ・セクシーズ・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
絶対に負けられない戦いがある。 今から45年前、全世界の注目を集めたテニスの試合があった。 前年に四大大会三冠を獲得した女子テニスのトップ選手ビリー・ジーン・キングと、元男子チャンピオンのボビー・リッグスの性差を超えた戦いだ。 あらゆる分野で男女の格差が今よりも遥かに大きく、社会の寛容性も低かった時代。 男女同権運動の賛同者だったビリーは、なんとかテニス界の男女格差をなくそうと尽...... [続きを読む]

受信: 2018年8月 2日 (木) 17時16分

« 「菊とギロチン」:ナマ木竜麻生を見ましたよ | トップページ | 「鏡の中にある如く」:シンプルで堂々たるドラマ »