« 「カメラを止めるな!」:この頭脳、半端ないって! | トップページ | 「BELLMARE 50th MEMORIAL BOOK 1968-2018」:堂々の五十年史 »

2018年7月10日 (火)

「告白小説、その結末」:不安で不快で・・・

363811_001
映画『告白小説、その結末』は、ロマン・ポランスキーらしい心理サスペンス。お得意な「不安をあおる」で、最初から最後まで嫌な気持ちにしてくれます。とにかく観ていて、不安、いやむしろ不快なんです。金払って観てるのに、なんでこんな嫌な思いにならないといけないんだ?と思わないでもありませんが、とにかくイライラします。

363811_004

その要因としては、エル役のエヴァ・グリーンのクセのある言動が挙げられます。もう最初から怪しさたっぷりで、なんでこんな人を信用、信頼してしまったのか理解に苦しみます。で、すぐに仲良くなったり、家に招き入れたりします。信じられません、こんなに怪しいのに。そういった主人公の女性作家のトロさにもイラっと来ます。そんな奴、さっさと叩き出しちゃえばいいのに・・・と。

363811_002
で、ラストもちょっと釈然としなかったので、いくつかのネタバレサイトで確認してみると・・・はー、そんな捉え方もあるんですねー。びっくりでした。そういう話だとは、わかりませんでした(どういう話か気になった人は、自分で調べてみよう)。てゆーか、ポランスキーさん、種明かしが曖昧です。それじゃあ、わかりませんって(あるいは大江戸が鈍いだけなのでしょうか?)。

363811_005

(以降ネタバレあり) 終盤の毒がらみの展開は、『ファントム・スレッド』かよ!って感じでしたが、どっちにしても気の毒(しゃれではない)で、かつハラハラして、観るのが辛かったっす。・・・って、それ、見事にポランスキーの術中にはまったってことなんでしょうかねえ?

|

« 「カメラを止めるな!」:この頭脳、半端ないって! | トップページ | 「BELLMARE 50th MEMORIAL BOOK 1968-2018」:堂々の五十年史 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/73836708

この記事へのトラックバック一覧です: 「告白小説、その結末」:不安で不快で・・・:

» 『告白小説、その結末』 ネタバレ厳禁! ふたりの関係は? [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 『テス』『おとなのけんか』などのロマン・ポランスキーの最新作。  原作はデルフィーヌ・ド・ヴィガンの小説「デルフィーヌの友情」。  原題「D’après Une Histoire Vraie」で、英題は「Based on a true story」。  人気作家デルフィーヌ(エマニュエル・セニエ)のサイン会に現れたのは、エルという美しい女性(エヴァ・グリーン)だった。デ...... [続きを読む]

受信: 2018年7月11日 (水) 18時39分

» 告白小説、その結末 [象のロケット]
自殺した母親を題材にした私小説がベストセラーになった女流作家デルフィーヌは、新作の構想が膨らまずスランプに陥っていた。 そんな時、熱狂的なファンだという女性エル(フランス語で「彼女」の意味)と出会う。 何かと世話を焼いてくれるエルだったが、ヒステリックな一面も持ち合わせていた…。 ミステリー。 ≪それは、作者さえも知らなかった―≫... [続きを読む]

受信: 2018年7月13日 (金) 10時38分

« 「カメラを止めるな!」:この頭脳、半端ないって! | トップページ | 「BELLMARE 50th MEMORIAL BOOK 1968-2018」:堂々の五十年史 »