« 「オーシャンズ8」:ゴージャスで面白さ文句なし | トップページ | 銀座ソニーパーク »

2018年8月19日 (日)

「グッバイ・ゴダール!」:ステイシー・マーティン=裸の本田翼

364182_001
映画『グッバイ・ゴダール!』は、予想以上に面白かったです。ゴダールの2番目の妻だったアンヌ・ヴィアゼムスキーの自伝的小説が原作で、それだけに痛烈にゴダールを「人としてダメダメなろくでなし」に描いております。ゴダール派の方にとっては、受け入れがたいものがあると思いますが、ゴダールに何の思い入れもないというか、そもそもゴダール映画で好きなものがない大江戸にとっては、この描き方に抵抗はありませんでした。

364182_002
それにしても、存命中の巨匠の暗黒面を実名でリアルに作っちゃうなんて、日本では考えられません。今、山田洋次とか北野武とかをこきおろす映画を作っちゃうみたいなものですからね。

ミシェル・アザナヴィシウス監督の映画的舌鋒は容赦なく、ゴダールを偏屈で頭でっかちの人格破綻者として描きます。トゲトゲで周りの人をみんな傷つけるし。実際、観ていてかなりムカつきます。だからアンヌが「我慢強い」女であり、なかなか愛想をつかしたりしないことに感心します。それが愛ってもんなんすかねえ。

364182_003

アンヌを演じたのは、『ニンフォマニアック』のステイシー・マーティン。いやー、キュートです!そして見事に'60年代っぽいんです(ソバカスの多さとかね)。このサラッとした個性が素敵です。なんか本田翼だよなあと思いながら、観ておりました。テイストが似てるんです。脱ぐことにためらいのない本田翼と言うべきか。まあ、とにかく本作では彼女から目が離せません。ヌードもとってもキレイですし。ゴダールがヤキモチ焼くのもわからんではありません。彼女を見るだけでも、この映画を観る価値があります。

364182_006
ミッドセンチュリー的にポップな色彩の美しさとか、その中へのモノクローム映像の印象的な挿入(あのセンシュアルな唇のモンタージュ!)とか、ひいては反転(ネガ)映像とか、計算しつくした横移動とか、ハイスピード撮影(スローモーション)とか、映像のギミックも、実に効果的です。監督の実力を大いに証明しております。思想的側面から否定するには、あまりにももったいないクォリティです。

それにしてもゴダールは、この映画を訴えたりはしないんでしょうかねえ。ま、多分に真実が含まれているのでしょうし、そういう事はしない人なんでしょうね。

|

« 「オーシャンズ8」:ゴージャスで面白さ文句なし | トップページ | 銀座ソニーパーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「グッバイ・ゴダール!」:ステイシー・マーティン=裸の本田翼:

» 『グッバイ・ゴダール!』 ゴダールも妻から見ればただの男 [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 監督・脚本は『アーティスト』のミシェル・アザナヴィシウス。  原作は、ジャン=リュック・ゴダールの2番目の妻アンヌ・ヴィアゼムスキーの自伝的小説。アンヌ・ヴィアゼムスキーの自伝と謳いつつも、この映画は彼女の目を通したゴダールが描かれていくことになる。  『勝手にしやがれ』や『気狂いピエロ』などでヌーベルバーグの旗手なったジャン=リュック・ゴダール。ゴダールがアンヌ・ヴィアゼ...... [続きを読む]

受信: 2018年8月20日 (月) 00時20分

» グッバイ・ゴダール! [Spice -映画・本・美術の日記-]
「グッバイ・ゴダール!」 新宿ピカデリーパリの大学で哲学を学ぶ19歳のアンヌ(ステイシー・マーティン)は、天才監督ジャン=リュック・ゴダール(ルイ・ガレル)と結婚。彼の [続きを読む]

受信: 2018年8月20日 (月) 00時24分

» グッバイ・ゴダール! [象のロケット]
1960年代、フランス・パリ。 哲学科の女子大生アンヌは、世界中から注目される天才映画監督ゴダールと恋に落ち、彼の新作『中国女』で主演を飾ることになった。 初めての体験が続き、アンヌはあらゆることを夢中で吸収する。 一方、パリではデモ活動が日に日に激しくなり、ゴダールは映画より革命に没頭していく…。 ラブ・ストーリー。... [続きを読む]

受信: 2018年8月20日 (月) 09時30分

« 「オーシャンズ8」:ゴージャスで面白さ文句なし | トップページ | 銀座ソニーパーク »