« ドクターペッパー讃歌 | トップページ | 末廣亭で落語など »

2018年8月 3日 (金)

「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」:10年の重み

362742_001
映画『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』は、2008年から10年続いた(もちろん断続的にですが)というフジテレビのドラマの初映画化作品。位置づけは当然、、TV版のファンのためのってことでしょうし、その客層が中心なのでしょうけれど、初見の人(例えば小生)でも面白く観られるように作ってあります。そこらはまあ、『踊る大捜査線』以来のフジテレビ映画の伝統でしょう。もちろんファンは、様々なディテールをより楽しめるはずです。

362742_002_2

冒頭にこれまでのTVシリーズのダイジェスト映像が流れますが、見ていた人にこれまでの流れを思い出させる効果はあるとしても、初見の人に概要をわからせる効果はないようなものです。まあ、それでも映画版鑑賞に当たっては、特に問題ありません。あ、この人はこういうキャラね・・・ってのはすぐにわかりますし、あとは次々と起こる事件の展開に身を委ねていればいいのです(唯一気になったのは、山Pの藍沢医師が若いのに何でこんなに偉そうなのかということぐらいですし、それもまあそういう設定なんだろうと納得できます)。

362742_003

外科的描写が多いので、結構血みどろでエグイです。 (以降ネタバレあり) 中でも激しいのは、フェリー事故で車の座席に座ったまま腹部を鉄パイプで貫かれてしまった人。しかも、パイプ切断に時間がかかるので、腹を横に切ってパイプから外すって・・・、恐ろし過ぎます! そんなことやって、生きていられるんでしょうか?(そもそもあんなぶっといパイプが刺さっている時点で、もうダメでしょて感じですけど)

362742_007
ユーモアや人間関係や仲間の絆や感動も含めて、娯楽映画としては及第だと思います。でも10年見守り続けて来た人にとっては、「時間」という要素が、その重みが加わるので、感銘もひとしおでしょう。キャラクターの変化や成長を、自分の友人のように実感できるのでしょう。ちょっとうらやましいなと思っちゃいます。

そういえば、なんでもっと早くに映画化されなかったんでしょうねえ、これ? 人気者キャストたちの調整が難しかったのかしらん??

|

« ドクターペッパー讃歌 | トップページ | 末廣亭で落語など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/73971491

この記事へのトラックバック一覧です: 「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」:10年の重み:

» 映画『コード・ブルー』を見てきました [旅と遺跡とセルベッサ]
公開中の映画、『劇場版コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命』を見るため、地元ちかくの映画館、イオンシネマ守谷へ行ってまいりました。 [続きを読む]

受信: 2018年8月 4日 (土) 01時13分

» 劇場鑑賞「劇場版 コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」 [日々“是”精進! ver.F]
詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201807270000/ 劇場版『コード・ブルーードクターヘリ緊急救命ー』オリジナル・サウンドトラック [ 佐藤直紀/得田真裕/眞鍋昭大 ]価格:2700円(税込、送料無料) (2018/7/22時点) ... [続きを読む]

受信: 2018年8月 4日 (土) 05時36分

» 映画「劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」 [FREE TIME]
映画「劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2018年8月 5日 (日) 01時42分

» 劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 [象のロケット]
地下鉄トンネル崩落事故から3か月後。 空では成田空港への航空機緊急着陸事故、海では東京湾・海ほたるへの巨大フェリー衝突事故という、未曽有の大事故が連続発生していた。 翔陽大学附属北部病院救急救命センターのフライトドクターとナースたちは、救急医療用ヘリコプターで現場へ駆ける…。 人気テレビドラマ劇場版。... [続きを読む]

受信: 2018年8月 6日 (月) 17時32分

« ドクターペッパー讃歌 | トップページ | 末廣亭で落語など »