« 「プーと大人になった僕」:風船を持ってると幸せ(なるほど) | トップページ | 「MEG ザ・モンスター」:荒唐無稽なメグたん »

2018年9月18日 (火)

「響 -HIBIKI-」:ビーンボールみたいなヤバい主人公

363105_004
映画『響 -HIBIKI-』は(原作はまったく未読ですが)予告編を見て「お!」と思い、実際に観てみたら予想以上の出来でした。「天才」をめぐる物語として、実にワクワクドキドキでした。

小生がいくらメガネっ娘好きだからと言って、このビジュアルまではちょっと・・・というような、イケてないどころか怪しい人って感じで登場する欅坂の平手友梨奈ですが、これはなかなか見ものですよ。まあ、よく言う「天才と狂人は紙一重」ってところで、異常かつ暴力的なヒロインをガチで演じ切ってます。ほとんど「ビーンボール」みたいなヤバいキャラクターです。

363105_005
原作が「マンガ大賞2017」の受賞作だそうですが、なるほど確かに面白いですもん。文芸という(時代遅れな)世界を舞台に、その光と影とを描きながら、ある種異形の「天才の物語」を、破天荒に成立させております。危険過ぎる主人公に、観る者もハラハラしながら、ラストまで一気に駆け抜ける感じです。細かく見ていけば「マンガだなあ」って所もありますけれど、そんなこと気にならないぐらいの生きの良い面白さです。それもこれも、この怪物的なキャラクターあったればこそ、なんですよねー。 

363105_002

監督は「青春映画の巨匠」みたいになってきた月川翔(なぜか哀川翔と一字違いですね)。シリアスもコミカルも手掛ける職人になってきましたね。

役者陣の中では北村有起哉や野間口徹が印象的でしたが、アヤカ・ウィルソンという懐かしい名前にも軽く驚きました。あの『パコと魔法の絵本』の少女が、こうなりましたかー。

363105_003
暗い汚れ役の小栗旬にもびっくり。『銀魂2』と二本立てにしていただきたい感じでした(柳楽優弥も両作に出ていることですし)。

そして、「小説を語るなら、読んでからにしろ。」という至極真っ当な事を伝えてもおります。「映画を語るなら、観てからにしろ。」ですよね。

|

« 「プーと大人になった僕」:風船を持ってると幸せ(なるほど) | トップページ | 「MEG ザ・モンスター」:荒唐無稽なメグたん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/74232846

この記事へのトラックバック一覧です: 「響 -HIBIKI-」:ビーンボールみたいなヤバい主人公:

» 響 HIBIKI [象のロケット]
活字離れが急速に進み、出版不況の文学界。 そこに現れた15歳の天才少女「鮎喰響(あくいひびき)」の才気あふれる小説は、文学の世界に革命を起こす力を持っていた。 編集者・花井ふみとの出会いを経て、一躍脚光を浴びる響。 だが、彼女の歯に衣着せぬ物言いや、常軌を逸した行動は、世間の非難を浴びることに…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2018年9月19日 (水) 00時27分

» 劇場鑑賞「響 -HIBIKI-」 [日々“是”精進! ver.F]
詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201809160000/ 小説 響 HIBIKI (小学館文庫) [ 豊田 美加 ] [続きを読む]

受信: 2018年9月19日 (水) 06時02分

» 響 -HIBIKI- ・・・・・評価額1600円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
「怪物」だけが世界を変えられる。 ジャンルレスな作品だが、あえて言えばこれは文学アクション映画だ。 平手友梨奈演じる鮎喰響(あくいひびき)は、驚くべき小説の才能を持つ高校生。 突如として文学界に現れ、大センセーションを巻き起こした彼女は、誰に対しても自分の信じる道を決して譲らない。 常に本音だけで生きているから、この世界を牛耳るオヤジたちの「常識」や「建前」と必然的に衝突し、盛大...... [続きを読む]

受信: 2018年9月29日 (土) 22時21分

» 映画「響 -HIBIKI-」 [FREE TIME]
映画「響 -HIBIKI-」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2018年9月29日 (土) 22時36分

« 「プーと大人になった僕」:風船を持ってると幸せ(なるほど) | トップページ | 「MEG ザ・モンスター」:荒唐無稽なメグたん »