« 「響 -HIBIKI-」:ビーンボールみたいなヤバい主人公 | トップページ | 「愛しのアイリーン」:濃い! »

2018年9月19日 (水)

「MEG ザ・モンスター」:荒唐無稽なメグたん

T0023101p
映画『MEG ザ・モンスター』のMEGって、メガロドン(大昔に絶滅した最強最大のサメ)の略。「メグたん」って感じで、かわいいですね。

とにもかくにもサメ映画&怪獣映画。古代の巨大ザメ(クジラよりもでかい)が生きていたというトンデモ設定からして、見せ物映画臭濃厚です。さらに主演がジェイソン・ステイサムってことで、見せ物臭全開です。この人、どう見てもB~C級映画の悪役(すぐ殺されちゃう方)みたいで、声やしゃべり方も風格とは程遠い感じで、小物感満点なのです。よくハリウッドで主役張ってるもんだよなあと感心しちゃいます。

そして中国資本バリバリなので、中国人俳優が重要な役割を担ってますし、中国の海水浴場とか出て来ます。その反面、マシ・オカ演じる日本人は、ビジュアル的にカッコ悪かったりします。うーむ。

Main

とにかく荒唐無稽なサメ映画(怪獣映画)なんですから、いくらツッコミ所満載でも、細かいことには目をつぶって楽しむが勝ち。物語には何も目新しさがありませんでしたが、「サメがクジラを隠れ蓑にしていた」って所だけはちょっと「ほう!」と思いました。

タイトルロールの前に、エンドマークとして「Fin」と出て来ます。フランス映画の「Fin(ファン)」とサメのひれ(fin)をかけてあるのです。そこだけは、洒落てましたね。

|

« 「響 -HIBIKI-」:ビーンボールみたいなヤバい主人公 | トップページ | 「愛しのアイリーン」:濃い! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/74222480

この記事へのトラックバック一覧です: 「MEG ザ・モンスター」:荒唐無稽なメグたん:

» 劇場鑑賞「MEG ザ・モンスター」 [日々“是”精進! ver.F]
詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201809070000/ MEG ザ・モンスター (角川文庫) [ スティーヴ・オルテン ]価格:993円(税込、送料無料) (2018/9/2時点) [続きを読む]

受信: 2018年9月20日 (木) 05時56分

» MEG ザ・モンスター [象のロケット]
大陸から200キロ離れた海洋施設の探査船が、人類未踏の深海で未知の海溝を発見。 研究チームが歓声を上げたのも束の間、探査船は消息を絶ってしまう。 救助に向かったレスキュー・ダイバーの男ジョナスは、200万年前まで実在した超巨大ザメMEG(メグ)と遭遇する…。 海洋パニック・スリラー。 ≪悲鳴ごと、飲み込まれる。≫... [続きを読む]

受信: 2018年9月20日 (木) 10時30分

» 映画『MEG ザ・モンスター』★ジェイソン見たさで盛り上がる!\(^o^)/withかっさばく [yutake☆イヴの《映画★一期一会》]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/174988/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ・主演(ジョナス):ジェイソン・ステイサム☆ ←だから観た!(^^)/ 巨大ザメvsジェイソンです。 (MEG(メグ)とは、姪っ子のような可愛い名前だなと思ったら 太古に、生息していたらしい巨大ザメと。) 『ジョーズ』では、三...... [続きを読む]

受信: 2018年9月21日 (金) 15時30分

» 『ザ・プレデター』『MEG ザ・モンスター』『愛と法』『すばらしき映画音楽たち』『ネバーエンディング・ストーリー』 [ふじき78の死屍累々映画日記・第二章]
摘まんで5本まとめてレビュー。 ◆『ザ・プレデター』トーホーシネマズ渋谷4 ▲「廊下でケンカしてるって先生に言い付けてやるんだからね」的なショット。 五つ星評価で【★★★プレさんは外さないっしょ】 プレさん相変わらず強くておもろいなあ。 掴みはOKみたいな最初の出会いから、研究所抜けだして、 でっかいプレさんといざこざ起こして、 そのでっかいプレさんをどうにかするま...... [続きを読む]

受信: 2018年10月 6日 (土) 21時24分

» 『MEG ザ・モンスター』('18初鑑賞67・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 9月28日(金) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン7にて 11:50の回を鑑賞。 2D:字幕版。 [続きを読む]

受信: 2018年10月10日 (水) 14時00分

« 「響 -HIBIKI-」:ビーンボールみたいなヤバい主人公 | トップページ | 「愛しのアイリーン」:濃い! »