« 「MEG ザ・モンスター」:荒唐無稽なメグたん | トップページ | 「泣き虫しょったんの奇跡」:平凡に淡々と »

2018年9月20日 (木)

「愛しのアイリーン」:濃い!

364642_001
映画『愛しのアイリーン』は、とにかく疲れるほど濃いです。大江戸が大変評価している『さんかく』や『ヒメアノ~ル』や『犬猿』の吉田恵輔監督作品ですが、ウザイ程の密度で、2時間17分を駆け抜けて行きます。

そもそもひげ面の安田顕がやけに濃いですし、フィリピーナのナッツ・シトイも肌色からして濃いわけですし、般若面を思わせる木野花さんがいつになく濃いのです。

364642_005

伊勢谷友介だっていつも通りに濃いですし、その他の面々もかなり濃いと言って良いでしょう。脇役で印象深かったのは、河井青葉さん。リアルに生々しいですね、この人いつも。 琴美役の桜まゆみさんも、ちょっと独特で面白かったです。吉田恵輔ごのみでしょう。

364642_006

原作のせいもあるのでしょうけど、吉田監督の作風って、妙なおかしみがあって笑えちゃうのです。実際かなりコミカルな作品だとは思いますが、一方では深い社会性があって、戦慄すべき内容だったりもします。とにかく良い所と悪い所が入り混じった問題作です。世間では本作を今村昌平的と評するむきもあるようですが、なるほど確かにイマヘイ的な社会問題性に溢れる「重喜劇」となっております。

364642_024
終盤も良い所悪い所入り混じって、一筋縄ではいきません。ヒューマニズムと人間の業の深さが葛藤している感じですし、通俗と非凡がせめぎ合っている感じでもあります。

(以降ネタバレあり) トータルすると、吉田恵輔の中で最上の作品とは言えないかとも思いますが、作中2カ所、「聖なる場面」がありました。岩男とアイリーンが初めて結ばれるところと、終盤にアイリーンが岩男の子供を宿しているとツルに告げる場面です。そこでは、心が震えましたねえ。

|

« 「MEG ザ・モンスター」:荒唐無稽なメグたん | トップページ | 「泣き虫しょったんの奇跡」:平凡に淡々と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/74237896

この記事へのトラックバック一覧です: 「愛しのアイリーン」:濃い!:

» 愛しのアイリーン・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
幸せって何だっけ? 強烈。
 おそらく、日本映画史上最も放送禁止用語を連発した作品。
 こりゃ地上波放送不可だな。
 コミュニケーションの断絶がもたらす、寓話的な悲喜劇。 
安田顕演じる寒村に暮らす中年男・岩男が、フィリピンから若い妻・アイリーンを金で買ってくる。 
だが、そこは保守的な村社会。 岩男を溺愛する老いた母親は、決してアイリーンを“嫁”として認めようとしない。 ...... [続きを読む]

受信: 2018年9月22日 (土) 20時25分

« 「MEG ザ・モンスター」:荒唐無稽なメグたん | トップページ | 「泣き虫しょったんの奇跡」:平凡に淡々と »