« 「愛しのアイリーン」:濃い! | トップページ | 「スカイスクレイパー」:ツッコミ所大会 »

2018年9月22日 (土)

「泣き虫しょったんの奇跡」:平凡に淡々と

363698_009
『泣き虫しょったんの奇跡』は、豊田利晃作品だってことが信じられないぐらいの、オーソドックスな作り。古風な娯楽映画の定石通りの、しかも少しゆるいぐらいの演出です。どうしちゃっちゃったんでしょうね? 豊田監督は9歳から17歳まで新進棋士奨励会に所属していたそうで(びっくり!)、そこらが影響しているのですかねえ? それとも、これから棋士をめざす子供たちを重要なターゲットと考えたのかしらん?

363698_005

子供時代から若者時代、そして26歳というプロ棋士昇格の年齢制限が近づく年代、そしてその後の30代まで、年代記的に素直な時系列で物語を進めていきます。ただ、いかんせん実話に基づくこの物語が、妙に通り一遍というか、コクが無いのです。映画が平凡で、跳ねていくような面白さに欠けるのです。主演が松田龍平なもんだから、淡々さに拍車がかかっておりました。

363698_002
将棋の対局場面についても、他の将棋映画よりも一段と、盤面でどんな勝負が行われているかを見せるつもりはさらさらないようでした。あえて、どんな手だとかは写さないようにしておりました。更に映画としては対局場面を力を入れて描いていくのが普通ですが、この作品ではあくまでも淡々と(まあそれがリアルなんでしょうけど)描写します。そこらが、大江戸なんぞには物足りなかったところです。

363698_001

キャストは脇役、チョイ役に至るまで、やけに豪華です。妻夫木聡や藤原竜也や染谷将太や新井浩文を、あんなチョイ役で使っていいんでしょうか?って感じ。でもここでも、世界のイッセー尾形だとか、日本の(?)小林薫だとかは、見事な味を出しているんですよねー。

(以降ネタバレあり) ラストもめでたくプロになれて終わり。もう一工夫二工夫してくれないと、感動したくてもできませんです。

|

« 「愛しのアイリーン」:濃い! | トップページ | 「スカイスクレイパー」:ツッコミ所大会 »

コメント

> しかも少しゆるいぐらいの演出です。

いつもの演出だったら、対局者がジャックナイフくらい出して、降参せんと刺すで、くらい言いますよね。

投稿: ふじき78 | 2018年9月23日 (日) 21時39分

ふじき78さん、ですよねー。TVゲームをしていた駒木根隆介が振り向いて、「(ケンカするんなら)もっと血の雨が降るまでやりゃいいんだよ」とか言うあたりだけに、その片鱗が・・・。

投稿: 大江戸時夫 | 2018年9月23日 (日) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/74255163

この記事へのトラックバック一覧です: 「泣き虫しょったんの奇跡」:平凡に淡々と:

» 『泣き虫しょったんの奇跡』: 負けるときは負けるべくして負ける @試写会 [キネマのマ ~ りゃんひさ 映画レビューなどなど]
まもなくロードショウ公開の『泣き虫しょったんの奇跡』、ひと足早く、試写会で鑑賞しました。 なんと、出演者など多数の舞台挨拶がありました。 申し込み時には、そんなこと、ひとこも触れられてなかったのだけれど。 さて、映画。... [続きを読む]

受信: 2018年9月23日 (日) 10時53分

» 『泣き虫しょったんの奇跡』ユナイテッドシネマ豊洲2 [ふじき78の死屍累々映画日記・第二章]
▲「俺だって喫茶店でこんなウェイトレスさんに話しかけられたかったやい」 五つ星評価で【★★★極めて演歌的な一本】   ずっと待ってたのに最後までショコタンが出て来なかったよ。 将棋と言うのは極限の論理ゲームと思うのだが、将棋その物の狂気には触れず、役者の芝居の積み重ねで世界を構築した。すげえ演歌っぽい映画。出ずっぱりの人から、ちょっとだけ出演の人まで、何とも役者が魅力的に映...... [続きを読む]

受信: 2018年9月23日 (日) 21時39分

» 泣き虫しょったんの奇跡 [象のロケット]
横浜の小学生・瀬川晶司(しょったん)は、中学3年生の時、東京の奨励会(日本将棋連盟のプロ棋士養成機関)に入会した。 だが奨励会には年齢制限があり、26歳までに四段になれなかった晶司は退会を余儀なくされる。 人生の方向転換をすることになった晶司は、27歳で大学生となるが…。 実話から生まれたヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2018年9月24日 (月) 13時10分

» 泣き虫しょったんの奇跡 [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
厳しい奨励会の戦いはまるで殺し合いみたいな様相だ。それにしてもこの映画の駒を打つ音はお腹に響いてきた。 [続きを読む]

受信: 2018年9月25日 (火) 22時38分

« 「愛しのアイリーン」:濃い! | トップページ | 「スカイスクレイパー」:ツッコミ所大会 »