« 湘南vs.川崎、豪雨の死闘 | トップページ | のん のライブが台風で中止! »

2018年9月28日 (金)

「あの頃、君を追いかけた」:完コピで失敗?

364462_001
映画『あの頃、君を追いかけた』を試写会で観ました。2013年日本公開の台湾映画を日本版リメイクしたものですが、小生は元ネタ未見です(予告編の段階で、主演女優があまり魅力的に感じられなかったので、観ませんでした)。

で、日本版の齋藤飛鳥の方がカワイイとは思いますが、小生のお目当てはむしろ準主演の松本穂香。穂香ちゃんは魅力的ではありましたが、でも映画がねー。

364462_008

やけに台湾コメディーのノリで、それを日本版として消化できていないのです。明らかに変で、面白くないんだけど、日本の環境の中で日本の役者がやってると、もう気恥ずかしくってたまりません。笑えないし。無意味な下ネタ系多いし。おバカ過ぎるし。脚本も演出も良くないけど、元ネタの台湾版にも問題あるんだろうなーと思えちゃいました。構成やディテールに欠点多過ぎますし。

364462_006
で、台湾版の予告編をYouTubeで見たのですが、あららびっくり。日本版って「完コピ」じゃあーりませんか! 映像も構図もすべて台湾版のショットに似せていて、しかも(多くの)役者たちの容貌や体型や小道具や所作までそっくり。なんだこりゃー。ここまで完コピのリメイクってのも珍しいですよね。うーむ。長谷川康夫監督、いったいどういうつもりなんでしょうか? ここは大根仁監督の『SUNNY サニー』と比べていただくと、翻案のうまいへたがよくわかるってもんです。

364462_009

大江戸的には、アイメイクが妙にめだっちゃう山田裕貴が、かなり苦手でしたねー。自宅ではなぜか(父親共々)全裸で暮らしているこの少年のハダカが出て来るたびに、げんなりしてしまいました。

終盤~ラストもなかなかドイヒーで、「なんなんだ、こいつら」って感じでした。日本人的なメンタルや言動じゃないっすよねー。まいりました。

|

« 湘南vs.川崎、豪雨の死闘 | トップページ | のん のライブが台風で中止! »

コメント

ちなみに全裸はコピー。デブくんがホモという設定は日本版のみなので、台湾版でのデブくんは傷心の彼女に手を出そうとする最も手ごわいライバルです。

投稿: ふじき78 | 2019年1月 4日 (金) 22時19分

ふじき78さん、そうなんですか。
なぜデブくんの設定のみ変更? LGBTの時代(今)に迎合したのかしらん?

投稿: 大江戸時夫 | 2019年1月 4日 (金) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「あの頃、君を追いかけた」:完コピで失敗?:

» あの頃、君を追いかけた [象のロケット]
2018年、秋。 高校時代の同級生たちが、結婚式会場に集まっていた。 …10年前の高校3年生当時、問題児だった豆腐屋の息子・水島浩介は、優等生の医者の娘・早瀬真愛の前の席に座らされることに。 数学の苦手な浩介の成績を少しでも伸ばそうと世話を焼く真愛に、次第に惹かれていく浩介だった…。 青春ラブ・ストーリー。 ≪愛おしくもカッコ悪い、僕の10年間―。≫... [続きを読む]

受信: 2018年9月29日 (土) 12時34分

» #あの頃君を追いかけた coco.to/3822 [あーうぃ だにぇっと]
あの頃、君を追いかけた@よみうりホール [続きを読む]

受信: 2018年10月 4日 (木) 08時48分

« 湘南vs.川崎、豪雨の死闘 | トップページ | のん のライブが台風で中止! »