« サイフ・リターンズ  #落とし物戻る #財布見つかる | トップページ | 学芸大学駅付近とマッターホーン  #学芸大学 #マッターホーン »

2018年10月30日 (火)

「旅猫リポート」:世界基準だと変な映画  #旅猫リポート

363644_006
映画『旅猫リポート』は、その名の通り猫映画であり、かつロード・ムービー。猫映画のブームもけっこう続いてますが、この作品も初登場週の興収第2位と、好調なスタートを切っております。結構ですね。結構毛だらけ猫灰だらけであります。

363644_001

それにしても日本って変わった国だなーという感想を持ちました。福士蒼汰は20代後半(むしろ30歳近く)という設定だと思うのですが、そんな「大の大人」が猫のことで泣いたりパニックになったりする映画って、(コメディでない限り)世界中のどの国でもあり得ないと思うんです。そんなsissy(意気地なしとか弱虫とかいう意味)な男が主人公の映画なんかバカにされるだけでしょう。そんな平和な日本って嫌いじゃないけれど、ワールド・スタンダードで見ると「怪作」の領域なのかも知れませんね。

363644_003
(以降ネタバレあり) また、これって本当に「死病映画」にしなきゃいけなかったんでしょうかねえ。なんでもかんでも重要人物(主に主人公)を殺しちゃうことで物語を成立させようとするドラマツルギーって、いかがなものでしょう? 商業映画として、安直のそしりを免れ得ないのではないでしょうか。 その他の進行やディテールにも類型的だったり安直だったりするものが多々ありました(主人公の友人の暴君的父親の造形とかね)。

363644_002_2

典型的、類型的な人情噺になっていたり、映像のルックは小ぎれいなのに、どこか洗練され切ってなかったりするあたりが、いかにも松竹映画です。 広瀬アリスの件りが悪くなかったですね。若い女性がほとんど出て来ない映画なので(そりゃあ、女の子よりネコって映画ですからね)、アリスさん儲かっちゃいましたけど。

|

« サイフ・リターンズ  #落とし物戻る #財布見つかる | トップページ | 学芸大学駅付近とマッターホーン  #学芸大学 #マッターホーン »

コメント

> 「大の大人」が猫のことで泣いたりパニックになったりする映画って、(コメディでない限り)世界中のどの国でもあり得ないと思うんです。

「ボブという名の猫」で猫が失踪して、人生終わったように落ち込む主人公とかもありましたが、やはり、日本は鍋島猫騒動みたいに過度に動物に感情移入しちゃう国でもありますからね。いい年した大人がパニくるのも許してやってください。

日本の場合、ノラが捕まえられたりすると場所によっては殺処分受けたりみたいな環境もあるからパニくるのかもしれない。

投稿: ふじき78 | 2018年11月 7日 (水) 11時03分

おお、ふじき78さん、『ボブ猫』そうでしたっけ? すっかり忘れてました。
まあ内田百閒先生もノラがいなくなって、悲嘆の日々を過ごして、本1冊できちゃいましたからねえ。

投稿: 大江戸時夫 | 2018年11月 7日 (水) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/74503535

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅猫リポート」:世界基準だと変な映画  #旅猫リポート:

» 旅猫リポート [象のロケット]
元野良猫のナナは、交通事故にあったところを心優しい青年・悟に助けられ、5年間、飼い猫として幸せに暮らしてきた。 事情があってナナを手放さなくてはならなくなった悟は、ナナと一緒に、新しい飼い主を探す旅に出る。 悟とナナは銀色のワゴンに乗って、悟の大切な人たちを訪ねていく…。 ロード・ムービー。... [続きを読む]

受信: 2018年11月 1日 (木) 02時49分

» 『旅猫レポート』『音量を上げろタコ!~』『デス・ウィッシュ』『プーと大人になった僕』『バタリアン』 [ふじき78の死屍累々映画日記・第二章]
摘まんで5本まとめてレビュー。 ◆『旅猫レポート』トーホーシネマズ渋谷5 ▲画像は後から。 五つ星評価で【★★★思ったよりも予告編以上の物がなかった】 予告編通りの泣き活映画。 予告編から窺い知れないのは、主人公と父母の関係性の話くらいか。 それにしても、もう全体像もやり口も読めてるのに、 着実に堂々と拷問のように泣かせに入るのは逆に清々しいくらいだ。 猫好きは確実に...... [続きを読む]

受信: 2018年11月 8日 (木) 00時18分

« サイフ・リターンズ  #落とし物戻る #財布見つかる | トップページ | 学芸大学駅付近とマッターホーン  #学芸大学 #マッターホーン »