« 「太陽の塔」:アカデミックな太郎論&日本論 | トップページ | 「デス・ウィッシュ」:ハゲ・アクションの年 »

2018年10月 1日 (月)

「コーヒーが冷めないうちに」:あれもこれも問題で・・・

363809_001
映画『コーヒーが冷めないうちに』は、予告で大体わかるように(泣かせようとする)「時間SF」です。でもねえ、設定がすっごく強引なんです。喫茶店のある席に座ると、めんどくさいルールはあるものの、過去に戻れるって設定でいきなり物語が始まってます。何それ? 「なぜ?」とは言わせません。そういうルールなんです、って「えー!?」ですよね。無理くりすぎます。

363809_003

しかも恋人、夫婦、姉妹、親子をめぐる4つの物語がオムニバス的に連続して描かれるのですが、何とかつなげようとしているけれど、(この店の客ということでしか)つながっておりません。 さらに、終盤の重要な時間が交錯しながら「あーなってこうなって・・・」の部分が、複雑すぎるのか、説明がヘタなのか、当方がバカなのかで、今一つよくわかりません(これでいいのかどうか不安になるような・・・)。

363809_006
いきなり序盤から有村架純、波瑠の朝ドラ主演女優対決があったり(薬師丸さんも主演じゃないけど朝ドラ女優ですよね)、吉田羊とか松本若菜とか芸達者を揃えている割には、みんな演技がヘタに見えてしょうがありませんでした。石田ゆり子さんも、(いくら幽霊の役とは言え)見せ場に乏しく、魅力的ではありませんでしたねえ。篇中にカラオケで星野源の『恋』が歌われているのは、ゆり子さんへのオマージュなんでしょうかねえ(『逃げるは恥だが役に立つ』)。

363809_004
言っちゃあなんですけど、とにかく映画的センスがよろしくないのです。これまでTVドラマの演出を多く手掛けて来た塚原あゆ子監督ですが、うーん、あまりにもお手軽な、主張のない演出ではないでしょうか。 時間SFにかけては定評のある(はずの)奥寺佐渡子(細田版『時をかける少女』など)脚本なのに、こうなるとは意外でした。原作、脚本、演出、演技、揃って問題アリに思えてしまって・・・。

|

« 「太陽の塔」:アカデミックな太郎論&日本論 | トップページ | 「デス・ウィッシュ」:ハゲ・アクションの年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/74311931

この記事へのトラックバック一覧です: 「コーヒーが冷めないうちに」:あれもこれも問題で・・・:

» 劇場鑑賞「コーヒーが冷めないうちに」 [日々“是”精進! ver.F]
詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201809220000/ 映画 コーヒーが冷めないうちに オリジナル・サウンドトラック [ 横山克 ] [続きを読む]

受信: 2018年10月 2日 (火) 05時59分

» コーヒーが冷めないうちに [象のロケット]
店主・時田流と姪の数が切り盛りする喫茶店「フニクリフニクラ」には、【ある席】に座ると望んだ通りの時間に戻ることが出来るという都市伝説があった。 ただし、『どんな事をしても、現実は変わらない』し、『過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが冷めてしまう間だけ』。 様々な客が、その席に座る…。 ファンタジー。... [続きを読む]

受信: 2018年10月 2日 (火) 11時37分

» 「コーヒーが冷めないうちに」@一ツ橋ホール [新・辛口映画館]
 試写会の客入りは7割ほど、客年齢はお子さんから年配の方まで幅広く、ほぼ女性客で客席は埋まった。 [続きを読む]

受信: 2018年10月 3日 (水) 00時29分

» 『コーヒーが冷めないうちに』: (惹句) 4回泣ける→(結果) 1回号泣 @試写会 [キネマのマ ~ りゃんひさ 映画レビューなどなど]
9月下旬公開の『コーヒーが冷めないうちに』、ひと足早く、試写会で鑑賞しました。 2017年本屋大賞ノミネート小説の映画化です。 さて、映画。 [続きを読む]

受信: 2018年10月 3日 (水) 22時22分

» 映画「コーヒーが冷めないうちに」 [FREE TIME]
映画「コーヒーが冷めないうちに」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2018年10月 4日 (木) 23時51分

» 映画 『コーヒーが冷めないうちに』 [こみち]
nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; ... [続きを読む]

受信: 2018年10月 6日 (土) 20時19分

« 「太陽の塔」:アカデミックな太郎論&日本論 | トップページ | 「デス・ウィッシュ」:ハゲ・アクションの年 »