« 「ライ麦畑で出会ったら」:実体験の物語   #ライ麦畑で出会ったら #サリンジャー | トップページ | 「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」:お仕事エンターテインメント  #オズランド »

2018年11月 4日 (日)

「エジプト・ステーション」byポール・マッカートニー  #エジプト・ステーション

_20181104_221235

来日公演中のポール・マッカートニーですが、今回のツアーは行っておりません。前回からの間隔が短いし、料金は高いし、その上チケット売り出しの頃に財布を落としちゃったしね(その後、二月もたってから出て来たのですが)。

でもニュー・アルバム『エジプト・ステーション』は買いました(輸入盤ですが)。まあ、ポールのアルバムは全て持っておりますのでね(もちろんビートルズのも)。表6面、裏6面の蛇腹式紙ジャケットです。このジャケットの絵って、ポールが昔描いたものだそうですね。赤いゴムバンドで束ねてあるところが、おしゃれです。

_20181104_221203

「いかにも」のポール節が集まってます。ソロになった当初の『マッカートニー』『ラム』『ワイルド・ライフ』あたりの感覚が強く感じられます。あと『マッカートニー2』あたりのもね。リラックス感とプライベート感と職人感とエキゾチズムと新しいもの好き。

だけど、シングルで売れそうな名曲ってのはないんですよねー、みんなアルバムの曲って感じで。そこが残念。その点、前作の『NEW』の方がタイトル・ナンバーをはじめ、売れ線のポップ&ロック・ナンバーが散りばめられていました。どうも世間的には、『NEW』よりも今回のアルバムの方が評価が高いようなのですが、小生は逆ですねー。リラックス、プライベート、職人、エキゾチズム、新しもの好きがちょっと過剰で、良くない方に行っちゃったように思えます。まあ、率直に言ってしまえば、聴いててときめかない、あんまり面白くないってところです。

でもまあ、そろそろビートルズ解散後半世紀にもなろうっていうこの時代に、ポールの新譜が出るってだけで奇跡みたいなものなんですけどね。

|

« 「ライ麦畑で出会ったら」:実体験の物語   #ライ麦畑で出会ったら #サリンジャー | トップページ | 「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」:お仕事エンターテインメント  #オズランド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/74536081

この記事へのトラックバック一覧です: 「エジプト・ステーション」byポール・マッカートニー  #エジプト・ステーション:

« 「ライ麦畑で出会ったら」:実体験の物語   #ライ麦畑で出会ったら #サリンジャー | トップページ | 「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」:お仕事エンターテインメント  #オズランド »