« 「ビブリア古書堂の事件手帖」:ライト級で食い足りない   #ビブリア古書堂の事件手帖 | トップページ | 「ヴェノム」:歯磨きが大変そう   #ヴェノム »

2018年11月22日 (木)

「生きてるだけで、愛」:鬱病の大変さを痛感   #生きてるだけで、愛 #趣里

364340_005
映画『生きてるだけで、愛』は、本谷有希子原作によるシリアスな鬱病映画にしてラブストーリー。いやー、「観ているだけで、鬱」とかからかっちゃいけないんですけど、観てて心が苦しいというかしんどいですね。これだけ真正面から鬱病(過眠症)を描いた映画ってのも、小生の記憶にはありません。

364340_007

心の病ってのは厄介なもので、他人からはその深刻さが見えにくい、それ故に周囲の人が(悪気もなく)無神経で残酷な事を言ってしまいがちになるみたいですね。本作の主人公も、目覚まし時計を何個セットしても起きられないってあたり、時に自らの肉体を傷つけてしまうあたり、かなりの重症です。しかし周りは「なまけもの」「だらしない」「寂しかっただけで、みんなでわいわいやってれば大丈夫」とか思ってしまうわけです。病気なんだから、そうじゃないんですよね。

364340_006

主人公を演じる趣里が只事ではない芝居を見せます。狂気が鬼気迫るほどリアルで、コワ過ぎます。役が憑依していて圧巻です。躁の時と鬱の時との落差も、説得力を持って演じてますし。普通の年なら主演女優賞ものです。でも、今年は主演女優の当たり年で、ライバル多いですからねえ(サクラさんとか希林さんとか華さんとか静河さんとかえりかさんとか・・・)。どうなりますか? それにしてもこの顔、水谷豊にも伊藤蘭にも全然似ていないと思うんですけどねえ。不思議。

364340_001_2

それはそうと、仲里依紗がすげーオバサン化していて(しかも性格の悪い役)びっくりでした。まだ28なのに、38歳にしか見えません。実写版『時をかける少女』で高校生を演じた頃から、まだ8年しかたってないのに! これからは悪役中心になりそうな予感・・・(ま、ゼブラクイーンだったし・・・)。

終盤の趣里、冬場に裸足で(ってゆーか裸でなんですけど)コンクリートの上に長時間って、ムリです。寒過ぎます。寒がりにおいては人後に落ちない大江戸としては、もう見てるだけで風邪ひきそうでした。ぶるぶる。

|

« 「ビブリア古書堂の事件手帖」:ライト級で食い足りない   #ビブリア古書堂の事件手帖 | トップページ | 「ヴェノム」:歯磨きが大変そう   #ヴェノム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「生きてるだけで、愛」:鬱病の大変さを痛感   #生きてるだけで、愛 #趣里:

» 「生きてるだけで、愛。」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法]
2018年・日本/ハピネット=スタイルジャム配給:クロックワークス 監督:関根光才 原作:本谷有希子 脚本:関根光才プロデューサー:甲斐真樹 芥川賞作家・本谷有希子の同名小説の映画化。監督は数々の企業... [続きを読む]

受信: 2018年11月25日 (日) 20時22分

» ショートレビュー「生きてるだけで、愛。・・・・・評価額1700円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
心が触れ合うのは、一瞬。 これは映画女優・趣里を堪能するための作品だ。 本谷有希子の同名小説を、広告ジャンルやドキュメンタリーで知られ、これが初の長編劇映画となる関根光才が映画化。 主人公の寧子は鬱が招く過眠症のため、菅田将暉演じる週刊誌ライターの恋人・津奈木のアパートでずっとゴロゴロ。 ところがある時、別の意味で病んでる津奈木の元カノに強制され、レストランで緩いバイトを始める。...... [続きを読む]

受信: 2018年11月26日 (月) 22時01分

« 「ビブリア古書堂の事件手帖」:ライト級で食い足りない   #ビブリア古書堂の事件手帖 | トップページ | 「ヴェノム」:歯磨きが大変そう   #ヴェノム »