« 「人魚の眠る家」:泣けなかったし・・・   #人魚の眠る家   | トップページ | 「おかえり、ブルゴーニュへ」:ワインは農産物   #おかえり、ブルゴーニュへ »

2018年12月16日 (日)

「パッドマン 5億人の女性を救った男」:驚きの実話  #パッドマン 

365413_011
映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』は、なんともユニークな生理用品開発の実話(をもとにした)映画。いくらインドとはいえ、20世紀末~21世紀初めあたりで、こんな状況だったんですねえ。作品中に「今は2001年」という台詞が出て来て、改めて驚いちゃいました。まあ日本でも1961年にアンネ株式会社が発売してからだっていうんで、40年かそこらの差に過ぎないわけですけどね。

365413_003

映画化に当たってはいろいろ脚色してるんでしょうけれど、この主人公空気読めな過ぎというか、あまりにもエキセントリックで、ちょっとどうかと思います。確かに妻や首位の人々が困惑し、呆れ、絶望して見放すのもわかります。まあ、発明家というのはそもそもエキセントリックと言われれば、そうなのかも知れませんけど。もうちょっと、ちゃんと説明するとか、やりようがあるじゃあないかと思っちゃいます。

365413_001

(以降少々ネタバレあり) クライマックスの国連での演説場面は、特にその終盤において感動的なものですが、これまであんなに(インドの言葉においてさえ)口下手で説明不足だった男が、なぜいきなり雄弁になっちゃったの?(しかも片言の英語で)って感じではあります。一応フォローの台詞(「君が乗り移って話した」的な事を言っておりました)はあったものの、ちょっと都合いいなあと感じてしまいました。

365413_017

(以降ネタバレあり) そしてラストは、ハッピーでありほろ苦くもあり・・・。ビジネスパートナーの美人さん(“妖精”)がいい人過ぎて、辛かったですね。 一方でこの奥さん、ちょっと調子良すぎないかー?(一応逡巡していたようでしたが) でもまあ、まだまだ保守的なインド社会では、今現在このような場合にはこういう結末が好まれる、支持されるってことの貴重なサンプルなのかも知れませんね。

全体的にはボリウッド娯楽映画として、ちゃんと楽しめるものになっておりました。

|

« 「人魚の眠る家」:泣けなかったし・・・   #人魚の眠る家   | トップページ | 「おかえり、ブルゴーニュへ」:ワインは農産物   #おかえり、ブルゴーニュへ »

コメント

こんにちは。

私も「この奥さん、ちょっと調子良すぎないかー?」と感じたクチでした。
でも、一瞬の心の通い路はあったにしても、何も無かった方がきっと良かったのでしょう、ラクシュミとパーリーの間には。

投稿: ここなつ | 2018年12月17日 (月) 14時27分

ここなつさん、立て続けにコメントどうも。
うーん、でも実話抜きにしたらラクシュミとパーリーに何かあった方が(たとえ一夜だけでも)、観客の精神衛生上はよろしいのではないでしょうか? 人それぞれですかね?
それはそうと、今「楽趣味」と誤変換されて笑いました。結構なご趣味ですね。

投稿: 大江戸時夫 | 2018年12月17日 (月) 21時53分

奥さんがもっと極悪でクズだったら、自分達や身近な人はナプキンを使いたい放題に使って、それ以外の人には国中から特許料代わりに礼金みたいな物を徴収する。大儲けできるぜ。

・・・・・・・落趣味・・・から・・・楽趣味・・・へと。

投稿: ふじき78 | 2018年12月23日 (日) 11時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「パッドマン 5億人の女性を救った男」:驚きの実話  #パッドマン :

» パッドマン 5億人の女性を救った男 [あーうぃ だにぇっと]
パッドマン 5億人の女性を救った男@ソニーピクチャーズエンタテインメント試写室 [続きを読む]

受信: 2018年12月17日 (月) 09時27分

» パッドマン 5億人の女性を救った男 [象のロケット]
インドの小さな村。 結婚したばかりの男ラクシュミは、貧しくて生理用ナプキンが買えず不衛生な布で処置をしている最愛の妻を救うため、清潔で安価なナプキンを手作りすることを思いつく。 研究とリサーチに日々明け暮れるラクシュミの行動は周囲の誤解を招き、ついには村を離れざるを得なくなってしまう…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2018年12月18日 (火) 01時03分

» パッドマン・・・・・評価額1750円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
愛する彼女の危機を救え! アメリカにはスーパーマン、スパイダーマンが、しかしインドにはその名も「パッドマン」がいる! 
女性の月経が“穢れ”としてタブー視され、生理用品がなかなか普及しないインドで、妻のために安価なナプキン製造機械を発明した男の物語。
 この人とにかく愛妻家で、彼女が生理のたびに不衛生な布を使ってしのいでいるのが心配でならない。 もともと日用品を作る町工場に勤務し...... [続きを読む]

受信: 2018年12月18日 (火) 23時13分

» 『パッドマン』トーホーシネマズシャンテ1『SPL 狼たちの処刑台』新文芸座 [ふじき78の死屍累々映画日記・第二章]
ハシゴ鑑賞2本をちゃっちゃっと手早く。 と、言いながら記事を一度オシャカにしている。つらい。つらすぎる。『殺破狼』のように辛すぎる。 ◆『パッドマン』トーホーシネマズシャンテ1 ▲画像は後から。 五つ星評価で【★★★★想定通りに進むが良い】 ちょっとした思い付きが主人公を動かし、動かし続けるが全てを失い、放浪した末に、遂に成功に至る。起承転結のパターンを踏襲しながらも、脇道...... [続きを読む]

受信: 2018年12月23日 (日) 13時40分

« 「人魚の眠る家」:泣けなかったし・・・   #人魚の眠る家   | トップページ | 「おかえり、ブルゴーニュへ」:ワインは農産物   #おかえり、ブルゴーニュへ »