« ボヘミアン・ラプソディ」応援上映:もっと盛り上がりたい!   #ボヘミアン・ラプソディ  #応援上映 | トップページ | 「ハード・コア」:何が(どこが)ハード・コア?   #ハード・コア  »

2018年12月 9日 (日)

「来る」:で?   #来る #中島哲也 #妻夫木聡 #黒木華

T0022858p

映画『来る』は、中島哲也監督4年ぶりの新作(近年はずっと4年ごとの新作です。オリンピックみたいですね)という事で、中島ファンの大江戸としては大いに期待しておったのですが・・・、うーん、ちょっとハズしましたねー。ホラーというか、むしろオカルトなんですけど、怖くないし面白さも中ぐらいなり。

これ、予告編はメッチャ出来が良くて、久々の中島作品的ヴィジュアルに期待がスパークしちゃっていたのです。でも本編は予告編を超えることができませんでした。

ま、それは小生がオカルティックな事象にほとんど興味が持てないってこともあるんでしょうけど、それ以上にいろんな事が曖昧で、「で?」「だから何?」って感じなんですよねー。ラストなんか、「で?」の最たるものでして・・・。

それはともかく、妻夫木聡のカスっぷりがハンパないっす。ブッキーは、中島監督との前作『渇き。』でも別のパターンでカスでしたよね。また、ムカつくようなヒドイ男を演じさせるとハマるんです、この人。

(以降ネタバレあり) この秋からの「黒木華まつり」のラストを飾るような華さんは、またしても巧い! 特に本作では、他では見せないような表情をいくつか出しておりました、なにしろ「死に顔さえ巧い」のですから、凄いことです。

そして、毛虫嫌いの小生にとって、しんどい映画であったことも確かなのであります。

あと、エンドクレジットが1枚ものの表示をダン!ダン!という感じに出して行って、スピーディーに終わったのが素敵でした。ああ来なくっちゃですね。マーヴェルあたりに見習ってほしいもんです。

|

« ボヘミアン・ラプソディ」応援上映:もっと盛り上がりたい!   #ボヘミアン・ラプソディ  #応援上映 | トップページ | 「ハード・コア」:何が(どこが)ハード・コア?   #ハード・コア  »

コメント

最後に夢の絵が出てきてホッとして終わるのですが、あの絵の隅っこの方にでも芋虫が転がってて絵を食べてたりしたら怖いだろうなあ。

投稿: ふじき78 | 2018年12月11日 (火) 19時50分

うわ、怖い!
ふじきさん、闇が深いっす。

投稿: 大江戸時夫 | 2018年12月11日 (火) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「来る」:で?   #来る #中島哲也 #妻夫木聡 #黒木華:

» 劇場鑑賞「来る」 [日々“是”精進! ver.F]
詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201812070001/ ぼぎわんが、来る (角川ホラー文庫) [ 澤村伊智 ]価格:734円(税込、送料無料) (2018/12/2時点) [続きを読む]

受信: 2018年12月10日 (月) 06時30分

» 来る [象のロケット]
オカルトライターの男・野崎のもとにやって来た相談者の男性・田原は、奇怪な現象に悩まされ妻子に危害が及ぶことを恐れていた。 野崎は霊媒師の血をひくキャバ嬢・真琴とともに調査を開始するが、その「何か」の霊的攻撃はエスカレートし、死傷者が続出。 真琴の姉で日本最強の霊媒師・琴子の呼びかけで、大規模なお祓いが行われることに…。 ホラー。... [続きを読む]

受信: 2018年12月11日 (火) 00時14分

» 『来る』109シネマズ木場7 [ふじき78の死屍累々映画日記・第二章]
▲画像は後から。 五つ星評価で【★★★★お祓いエンタティーメント】 とても面白かった。でも、怖くはなかった。何でだろうという事を書きたい。 登場人物が魅力的である。 特に松たか子演じる「日本最強霊媒師」が来た来た来た感いっぱい。 ああ普通でないと怪異に立ち向かえないという感じが色濃い。 松たか子の近くにいて、霊媒をこじらせた小松菜奈も良ければ、 松たか子の次席にいて、着実に...... [続きを読む]

受信: 2018年12月11日 (火) 19時52分

» 来る [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
この映画では怖い存在は人間であって、お化けや怪物は登場しない。人間関係の中で起きる自分勝手な行動や裏切り、嫉妬、無視、放置などということの結果、それに影響された歪みが表に出るのが怖いのだ。なんとも思わない人には恐怖は出現しないけど、感受性の強い人にだけ見... [続きを読む]

受信: 2018年12月11日 (火) 22時56分

» ショートレビュー「来る・・・・・評価額1600円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
霊媒大戦争(笑 異才・中島哲也の最新作は、日本ホラー小説大賞受賞作、澤村伊智の「ぼぎわんが、来る」を原作としたオカルトホラー。 ただし、小説と映画は全くの別モノだ。 平凡な親子三人家族に怪異が迫る第1章は、かなり忠実。 しかし第2章以降が全く異なっていて、怪異の正体も、そもそもなぜ怪異が来たのか、その原因となった人物も、物語の視点もテーマそのものも全く違うのだけど、これはこれで面...... [続きを読む]

受信: 2018年12月13日 (木) 23時09分

» 来る [風情☭の不安多事な冒険 Part.5]
 日本  ホラー  監督:中島哲也  出演:岡田准一      黒木華      [続きを読む]

受信: 2018年12月15日 (土) 23時58分

» 『来る』('18初鑑賞78・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 12月7日(金) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン8にて 12:00の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2018年12月26日 (水) 14時32分

» 映画「来る」 [FREE TIME]
映画「来る」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2018年12月26日 (水) 23時11分

« ボヘミアン・ラプソディ」応援上映:もっと盛り上がりたい!   #ボヘミアン・ラプソディ  #応援上映 | トップページ | 「ハード・コア」:何が(どこが)ハード・コア?   #ハード・コア  »