« 1980年代外国映画ベストテン    #80年代洋画ベストテン | トップページ | 「人魚の眠る家」:泣けなかったし・・・   #人魚の眠る家   »

2018年12月14日 (金)

「ここは退屈迎えに来て」:時間と情感   #ここは退屈迎えに来て #廣木隆一 #成田凌

364842_007
映画『ここは退屈迎えに来て』は、もうほとんど公開終了しているところを、ちょうど時間が合ったので渋谷のアップリンクで観て、良かったです。あやうくこのベストテン級の作品を観落とすところでした。タイトルと違って、全然退屈しませんでした。

2004年/2008年/2010年/2013年と、時間を交錯させながら描く、高校時代から20代後半までの物語。登場人物も多く、それぞれがそれぞれの時間の中で関係のないことをしているので、映画の中頃までは「いったいこれ、どうなってるの?」って感じです。でも後半はきちんとパズルのピースがハマっていきます。そのあたり、やっぱりうまいなあ、廣木隆一。

364842_003

田舎(と言っても、日本のどこにでもあるような感じの地方都市)を舞台に、高校時代の「青春真っただ中」を懐かしむ30手前の甘酸っぱくもほろ苦い悔恨や諦念。この微かな情感が、何とも素敵で、静かに胸に迫る作品です。描かれた時代を超越した普遍性を獲得していると思います。

364842_002

廣木隆一監督らしい長回しとロング・ショットがすっごく効果的です。これらのおかげで、実に「映画の絵」になっています。映画的な良いショットは多々ありますが、とりわけ終盤のプール全景を収めた鳥瞰のロング・ショットの長回しなんぞは、人の動かし方といい、デイヴィッド・ホックニーの絵のプールみたいな水紋といい、とっても素敵でした(その後に続く逆光水しぶきショットもいいですねー)。

364842_004

橋本愛も村上淳もマキタスポーツも片山友希もいいんだけれど、好調の成田凌はここでも評価しておきたいですねー。終盤に登場した際の「落ちぶれちゃった感」が凄いんです。ロング・ショットで一瞬写っただけで、納得させちゃいましたからねー。この人の芝居、大江戸はかなり評価しております。

この作品のもう一つの良さは、人生における「時間(の経過)」を表現していること。時間は人を変え、関係を変え、記憶を変え、後戻りすることはなく、常に止まらず進んで行く・・・とまあ、そんなことをじんわりと感じさせてくれる(しみて来る)作品なのでした。 ラストにおける東京の夕方の空気感と「音」もいいですねえ。

|

« 1980年代外国映画ベストテン    #80年代洋画ベストテン | トップページ | 「人魚の眠る家」:泣けなかったし・・・   #人魚の眠る家   »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ここは退屈迎えに来て」:時間と情感   #ここは退屈迎えに来て #廣木隆一 #成田凌:

» ここは退屈迎えに来て [象のロケット]
東京に出て10年が経った女「私」は、27歳で何となく実家に戻った。 高校時代に仲が良かったサツキちゃんたちと、当時みんなの憧れの的だった男子・椎名に会いに行くことに。 一方、高校卒業後も地元に残った女「あたし」は、他の男とも付き合ったりしたが、今も元カレの椎名が忘れられずにいる…。 群像ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2018年12月15日 (土) 23時23分

« 1980年代外国映画ベストテン    #80年代洋画ベストテン | トップページ | 「人魚の眠る家」:泣けなかったし・・・   #人魚の眠る家   »