« 「斬、」:重金属轟音サウンドの魅力   #斬、  #塚本晋也 | トップページ | 「search/サーチ」:斬新なチャレンジ   #search #サーチ  »

2018年12月 3日 (月)

「銃」:ATGのようなモノクロ世界   #銃  #リリー・フランキー

364931_007
映画『銃』は、昨日の『斬、』に次ぐ漢字一文字シリーズ? 前編ほぼモノクロのスタイリッシュな作品です。奥山和由さんがプロデューサーですけど、あの人が’80年代に手掛けていた「シネマジャパネスク」よりは、むしろATG映画に近いテイスト。短編小説のようでもあります。低予算の中、かなりエッジーな所を狙ってます。

364931_002

主人公を演じる村上虹郎が好演ではありますが、「でもこれ、むしろ菅田将暉なんじゃね?」って気もします(目に浮かぶようです)。ただそうすると、あのラストの洒落っ気が成立しないんで・・・。←ひみつ

銃を手にすることで狂って行ったのか、もともと狂った部分が内在していたのか、それはわかりませんが、村上が微妙に狂って行き、その先には暴発や破滅しか待っていないという、この感じは『タクシードライバー』にもちょっと似てますね。

364931_010
(以降ネタバレあり) ラストの感覚なども、まさに『タクシードライバー』。夢なのか現実なのかという夢幻感覚。しかも鮮烈なカラーへの転換(発砲が世界を転換させるという感覚)! そして、このラストにあの俳優をキャスティングしたことには、笑っちゃいました(が納得もしました)。

364931_004
刑事役のリリー・フランキーさんが、いつもにも増して凄かったです。無表情なようでいて、微妙な硬軟がぐるぐる移り変わる絶妙の表情演技と、その中にある「目」の奥深さ。いやー、今年のリリーさんは『万引き家族』じゃなくて、こっちです。

_20181203_104708
テアトル新宿って、いつもロビーのショーウインドウ内に上映作品の衣装や小道具を展示してあるんですけど、本作の銃も展示されておりました。色付きで見ちゃうと、やけにキラキラのうすっぺらい銀色だったので、重厚感や禍々しさが薄れちゃってました。やっぱり映画ってマジックですねー。

|

« 「斬、」:重金属轟音サウンドの魅力   #斬、  #塚本晋也 | トップページ | 「search/サーチ」:斬新なチャレンジ   #search #サーチ  »

コメント

追記しました\(^o^)/

投稿: まっつぁんこ | 2018年12月 4日 (火) 09時35分

まっつぁんこさん、追記拝見しました。
奥山プロデューサーの復活は、なんか嬉しいです。

投稿: 大江戸時夫 | 2018年12月 4日 (火) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/74709959

この記事へのトラックバック一覧です: 「銃」:ATGのようなモノクロ世界   #銃  #リリー・フランキー:

» [あーうぃ だにぇっと]
銃@TOHOシネマズ六本木ヒルズ [続きを読む]

受信: 2018年12月 4日 (火) 09時11分

» 「銃」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2018年・日本/KATSU-do=チーム・オクヤマ配給:KATSU-do、太秦 監督:武 正晴原作:中村文則脚本:武 正晴、宍戸英紀 企画・製作:奥山和由エグゼクティブプロデューサー:片岡秀介 芥川 [続きを読む]

受信: 2018年12月 9日 (日) 15時03分

« 「斬、」:重金属轟音サウンドの魅力   #斬、  #塚本晋也 | トップページ | 「search/サーチ」:斬新なチャレンジ   #search #サーチ  »