« 2018邦画トップテン   #2018日本映画ベストテン | トップページ | 日本インターネット映画大賞2018投票   #日本インターネット映画大賞 »

2019年1月13日 (日)

2018洋画トップテン   #2018外国映画ベストテン

日本映画篇に引き続きまして、外国映画篇です。

1.ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書(スティーヴン・スピルバーグ)  2.それから(ホン・サンス)  3.バトル・オブ・ザ・セクシーズ(ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス)   4.アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル(クレイグ・ギレスピー)  5.サバービコン 仮面を被った街(ジョージ・クルーニー)  6.グッバイ・ゴダール!(ミシェル・アザナビシウス)  7.夜の浜辺にひとり(ホン・サンス)  8.シェイプ・オブ・ウォーター(ギレルモ・デル・トロ)  9.スリー・ビルボード(マーティン・マクドナー)  10.女と男の観覧車(ウディ・アレン)  次点.正しい日|間違えた日(ホン・サンス)  

<その他の記憶すべき作品>  リメンバー・ミー  ワンダー 君は太陽  デトロイト  ファントム・スレッド  ミッション:インポッシブル フォールアウト  オーシャンズ8  シュガーラッシュ:オンライン  ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男  5時17分、パリ行き  苦い銭  モリーズ・ゲーム  ボヘミアン・ラプソディ  search サーチ  判決 ふたつの希望  華氏119  バッド・ジーニアス 危険な天才たち  ジュラシック・ワールド 炎の王国

監督賞:スティーブン・スピルバーグ(ペンタゴン・ペーパーズ)   脚本賞:リズ・ハンナ、ジョシュ・シンガー(ペンタゴン・ペーパーズ)   撮影賞:ヴィットリオ・ストラーロ(女と男の観覧車)   主演女優賞:フランシス・マクドーマンド(スリー・ビルボード)   主演男優賞:ゲイリー・オールドマン(ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男)   助演女優賞:レスリー・マンヴィル(ファントム・スレッド)   助演男優賞:イドリス・シルバ(モリーズ・ゲーム)、アラン・カミング(バトル・オブ・ザ・セクシーズ)   新人賞:該当者なし

邦画とは反対に、決め手に欠ける洋画部門。なかなか良い作品は多いのですが、ベストテン上位にふさわしい作品となると少なくて、ましてや1位にふさわしい作品がなくて困りました。でもスピルバーグがが1位だと座りが良いというか・・・。前年の『ブリッジ・オブ・スパイ』に続く秀作で、ここに来てのスピルバーグ復活は、嬉しい限りです(70代ですからね!)。 小生は、今更ホン・サンスにハマってしまいました。あの、グダグダした酒席の会話の名人芸!キム・ミニも魅力的でした。

ちなみに『キネマ旬報』ベストテンがようやく、「12/31までの公開作」という暦年対象に改めてくれたのは、良かったと思います。今までは自分の暦年テンともズレるし、よろしくないと言い続けて来たので。

(邦画篇はこちら↓)

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/2018-7e44.html

|

« 2018邦画トップテン   #2018日本映画ベストテン | トップページ | 日本インターネット映画大賞2018投票   #日本インターネット映画大賞 »

コメント

こんにちは。
トラックバックをありがとうございました。相変わらずエキブロから貼れずに申し訳ありません…。
ベスト拝見しました。ホン・サンスがお好きなようで。私も昨年結構立て続けに公開していた彼の作品を(…というか「彼女の作品」という趣もあるのでしょうが)観ようと思っておりましたが、結局鑑賞せずじまいだったので、記事を拝見して、ああ、やはり良かったのだ…と。見逃したことを公開しております。

投稿: ここなつ | 2019年1月15日 (火) 12時25分

ここなつさん、いつもどうも。
いやー、ホン・サンス4作品、それぞれに良かったですよ。
男と女のラブゲーム(笑)ですね。酔っ払い映画でもあるし。

投稿: 大江戸時夫 | 2019年1月15日 (火) 13時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/74940889

この記事へのトラックバック一覧です: 2018洋画トップテン   #2018外国映画ベストテン:

» 2018年マイベスト44(おまけで第14回シネマ停留所映画賞) [或る日の出来事]
「ベスト10」だけでは、ものたりない! 全部に順位をつけましょう! という、毎年毎年毎年恒例のお遊び。 [続きを読む]

受信: 2019年1月13日 (日) 23時37分

« 2018邦画トップテン   #2018日本映画ベストテン | トップページ | 日本インターネット映画大賞2018投票   #日本インターネット映画大賞 »