« 「ミスター・ガラス」:もっと大ボラを   #ミスター・ガラス #シャマラン | トップページ | 「サスペリア」:トラウマ的前衛芸術   #サスペリア #ルカ・グァダニーノ »

2019年1月26日 (土)

「クリード 炎の宿敵」:繰り返しだが冴えぬテンポ   #クリード #炎の宿敵

364743_002
映画『クリード 炎の宿敵』は、この新シリーズの第2弾。世代を下げて、結局同じことを繰り返すという・・・いわば、シルヴェスター・スタローン の「生涯を『ロッキー』で繰り回す計画」なんですね。 それでも、前作『クリード チャンプを継ぐ男』は、結構心躍る良作だったのですが、今回は・・・ダメでした。

364743_006

だって、テンポ悪いんだもーん・ドラマ部分が多いのですが、そこがもったりしていて、演出力がないもんで、かなり退屈。どうせみんな試合シーンを楽しみにしてるんだから、もっとちゃっちゃか進行させるべきだと思いました。2時間10分もかけて描くほどの内容じゃないでしょうに。

364743_005_2

試合場面にしても、これまでの『ロッキー』&『クリード』諸作に較べてかなり見劣りがします。撮り方に工夫がなく、迫力も足りていません。

そもそもドラゴの息子が、「普通に強いボクサー」って感じで、あの(父)ドラゴの「殺人マシーン」としての狂気すら感じさせる凄みに、全然届いていませんもん。これでは映画として「退化」ですよね。

364743_001

シリーズの特色であるトレーニング場面の「熱さ」も、『ロッキーのテーマ』がかかってアガる感覚も、てんで期待外れ。つまり娯楽映画としての良き伝統すらも継承されてなかった感じ。どうしてこんな事になってしまったんでしょうかねえ。

そして、1試合目も再戦も、あそこまで凄惨だと、もっと早い段階にレフェリーがストップかけますよねえ。あ、それを言っちゃあおしまいなのかな?

|

« 「ミスター・ガラス」:もっと大ボラを   #ミスター・ガラス #シャマラン | トップページ | 「サスペリア」:トラウマ的前衛芸術   #サスペリア #ルカ・グァダニーノ »

コメント

こんにちは。トラックバックをありがとうございました。
でも、私は本作、とても面白かったです。特に「多い」と書かれてらっしゃるドラマの部分に痺れました。ホント、こういうのって感じ方が人それぞれで面白いですねぇ。

投稿: ここなつ | 2019年1月28日 (月) 13時38分

ここなつさん、
同感です。映画って、評価は千差万別で、ある人にとって最高のものが、ある人にとっては最低になりますから。まあ、ベストテンとか見ても、そこが面白いのかもですけど。

投稿: 大江戸時夫 | 2019年1月28日 (月) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「クリード 炎の宿敵」:繰り返しだが冴えぬテンポ   #クリード #炎の宿敵:

» 『クリード 炎の宿敵』 最後はやはり根性か [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 『クリード チャンプを継ぐ男』の続編。『ロッキー』シリーズのスピンオフの第2章。  監督はスティーヴン・ケイプル・Jr。  本作では「なぜ闘うのか」ということが何度も問われることになるわけだけれど、ボクシング映画として重要なのは「闘う相手」でもあったりするわけで、亡きアポロ・クリードの息子アドニス(マイケル・B・ジョーダン)に因縁があるとすれば、その父親の遺恨の相手であるイ...... [続きを読む]

受信: 2019年1月27日 (日) 01時14分

» 劇場鑑賞「クリード 炎の宿敵」 [日々“是”精進! ver.F]
詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201901110000/ クリード 炎の宿敵 / Creed 2 輸入盤 【CD】 [続きを読む]

受信: 2019年1月27日 (日) 06時49分

» 『クリード 炎の宿敵』:ロッキーのDNAとは、弱きことを認めることである @試写会 [キネマのマ ~ りゃんひさ 映画レビューなどなど]
ことし初めての試写会鑑賞作品です。 作品は『クリード 炎の宿敵』。 『ロッキー』シリーズのリブート作品『クリード チャンプを継ぐ男』の続編です。 さて、映画。 [続きを読む]

受信: 2019年1月27日 (日) 16時28分

» ショートレビュー「クリード 炎の宿敵・・・・・評価額1700円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
虎の目を取り戻せ! 前作に勝るとも劣らない、素晴らしい仕上がりだ。 とは言っても、作品のベクトルとテイストはかなり異なるのだが、これは前作で監督・脚本を担当したライアン・クーグラーがエグゼクティブ・プロデューサーに退き、作り手の顔ぶれがガラリと変わったのが大きい。 監督は本作が長編2作目となるスティーヴン・ケープル・Jr.にバトンタッチし、チェオ・ホダリ・コーカーと共同で脚本を担当...... [続きを読む]

受信: 2019年1月28日 (月) 00時45分

» クリード 炎の宿敵 [象のロケット]
アドニス・クリードは、父アポロと同じくボクシングのヘビー級チャンピオンとなり、恋人ビアンカにプロポーズする。 そんな折、アドニスを指導してきたロッキーの前に、アドニスの父をリング上で死に追いやった旧ソ連のボクサー、イワン・ドラゴが現れる。 彼は自分の息子ヴィクターとアドニスを勝負させようとしていた…。 ボクシング・ドラマ第2弾。... [続きを読む]

受信: 2019年1月28日 (月) 01時17分

» 映画「クリード 炎の宿敵」 [FREE TIME]
映画「クリード 炎の宿敵」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2019年1月30日 (水) 21時29分

« 「ミスター・ガラス」:もっと大ボラを   #ミスター・ガラス #シャマラン | トップページ | 「サスペリア」:トラウマ的前衛芸術   #サスペリア #ルカ・グァダニーノ »