« 「世界一と言われた映画館」:経営者の愛と情熱   #世界一と言われた映画館 #グリーン・ハウス | トップページ | 「君が君で君だ」:松居監督の暴発   #君が君で君だ »

2019年1月 7日 (月)

「迫り来る嵐」:スタイリッシュな映像の新鋭   #迫り来る嵐 #ドン・ユエ

365499_001
映画『迫り来る嵐』は、映画のルックからいうとまるで『セブン』。薄暗くて、いつも雨が降っていて、何か禍々(まがまが)しいムード。それに加えて、広告の文句にもあるように『薄氷の殺人』や『殺人の追憶』にも似た雰囲気を持っています。

脚本・監督は広告界出身の董越(ドン・ユエ)。なんとこれが初監督作だそうで、うーん。レベル高いですねー。

365499_003

とにかく映像がカッコイイです。そこらに広告界出身のセンスが出てるんでしょうかね。室内も屋外も、このルックのコントロールは見事です。そしてすごく映画的な映像です。美しい絵も多いんですよね。雨と泥の方がずっと多いけど。

言葉に頼らず映像に語らせる話法と、不親切なまでの省略の効かせ方。うーん、やはり只者ではないですね、この監督。

365499_002

でも、それは諸刃の剣でして、ハッキリ言ってわかりにくい。後からネットを色々見て、ようやくストーリーの全貌を理解した次第。しかも、それでさえ謎がいくつか残ってるし・・・。 まあ、作っているドン・ユエ監督は「そんなことどうでもいい」と思ってる節がありますからねえ。

365499_011

1997年の中国(香港返還の年)ということで、いろんなメタファーを読み取ることもできます。『迫り来る嵐』というタイトルや、ラストシーンなどもまさにそうですね。

ところで、美容室の鏡にヘアスタイルの見本写真がズラリと貼ってあったのですが、その中に若き本田美奈子(ですよね?)や裕木奈江の写真もあったのを、大江戸は見逃しませんでしたぞ。

|

« 「世界一と言われた映画館」:経営者の愛と情熱   #世界一と言われた映画館 #グリーン・ハウス | トップページ | 「君が君で君だ」:松居監督の暴発   #君が君で君だ »

コメント

こんにちは。TBをありがとうございました。
この作品は、湖南省の雨の多い土地柄の絵が作風にマッチしていて、改革の嵐に翻弄される当時の中国の雰囲気がとてもでていたと思います。
連続殺人事件の犯人の結末については、驚かされました。

投稿: ここなつ | 2019年1月 8日 (火) 12時55分

ここなつさん、こんにちは。
中国の地理や気候には疎いのですが、こんな陰鬱で雨だらけの所に暮らしてたら、人格に影響しますよねえ。少なくとも、明朗快活な人には育ちにくいのでは?

投稿: 大江戸時夫 | 2019年1月 8日 (火) 19時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「迫り来る嵐」:スタイリッシュな映像の新鋭   #迫り来る嵐 #ドン・ユエ:

» 迫り来る嵐 [象のロケット]
1997年、中国の小さな町。 古い国営製鋼所で保安部の警備員をしている男ユィ・グオウェイは、近所で起こった若い女性の連続殺人事件の捜査に、刑事気取りで首を突っ込み始めた。 警部から捜査情報を手に入れたユィは、自分の恋人イェンズが犠牲者に似ていると気づく…。 サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2019年1月 8日 (火) 02時21分

» 迫り来る嵐 [風情☭の不安多事な冒険 Part.5]
 中国  サスペンス&ドラマ&犯罪  監督:ドン・ユエ  出演:ドアン・イーホン [続きを読む]

受信: 2019年1月 8日 (火) 13時38分

» 『迫り来る嵐』 チャイナ・ノワールの魅力 [Days of Books, Films]
The Looming Storm(viewing film) 『迫り来る嵐(原 [続きを読む]

受信: 2019年1月13日 (日) 21時10分

« 「世界一と言われた映画館」:経営者の愛と情熱   #世界一と言われた映画館 #グリーン・ハウス | トップページ | 「君が君で君だ」:松居監督の暴発   #君が君で君だ »