« 「迫り来る嵐」:スタイリッシュな映像の新鋭   #迫り来る嵐 #ドン・ユエ | トップページ | アジア杯、日本はなんとか白星発進   #アジアカップ  #日本代表 »

2019年1月 8日 (火)

「君が君で君だ」:松居監督の暴発   #君が君で君だ

T0022758p
映画『君が君で君だ』は昨年7月の公開作ですが、ベストテン選び用の「落穂拾い」として、テアトル新宿の「邦画大忘年会」という企画で、今年初めに観ました。

いやー、大抵の作品は受け入れちゃう大江戸ですが、これは受け入れ難かったなあー。 「異形の純愛」ものは好きなので、それを期待したのですが、これは愛じゃないし、またリアルでもなければ観念でもないという「どうなってんのこれ?」状態。単に「ありえねー」と思ってしまわざるを得ません。設定も芝居も舞台劇っぽいので、舞台化した方が良かったのでは?

松居大悟監督の『私たちのハァハァ』('15)は、その年のマイ・ベストワンにしたぐらい好きだったのですが、昨年公開の『アイスと雨音』に続いてこの作品では、すっかりランクダウンなのです。

3人の男たちの(ほとんど意味不明な)ストーカー行為が、単にバカバカしくてキモイだけで、そこから純愛に昇華したりはしていないのです。狂気の沙汰というか・・・。しかも、こいつら平生は何を生業として生きているのか全くわかりません。少しはそういう描写だってあるべきだと思うんですけど。

(以降ネタバレあり) それはウソでしょーというような行為ばかり繰り広げる3人ですが、終盤に池松壮亮が(崇拝する「姫」が切り落とした髪の毛を)ムシャムシャと食べるところに至っては、もうついていけませんでした。きもちわりー。池松君、その後でひまわりの花まで食べちゃってます。

キム・コッピがあんまりかわいくないところも、作品の魅力を削いでいますよねー。監督の意図はあるのでしょうけれど、ここはやっぱり超かわいくないと説得力がありませんからねえ。 すべてにわたって、松居監督が暴発してしまった失敗作だと思います。

|

« 「迫り来る嵐」:スタイリッシュな映像の新鋭   #迫り来る嵐 #ドン・ユエ | トップページ | アジア杯、日本はなんとか白星発進   #アジアカップ  #日本代表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「君が君で君だ」:松居監督の暴発   #君が君で君だ:

» 『君が君で君だ』 幻想を捨てて現実に生きる? [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 監督は『私たちのハァハァ』『アズミ・ハルコは行方不明』などの松居大悟で、脚本も松居大悟が長年温めてきたオリジナルとのこと。  タイトルは登場人物が合唱する尾崎豊の「僕が僕であるために」を受けてのものかと思われる。    わかりやすくこの作品を紹介するとすれば、ストーカーを描いたものということになるのだろうと思うのだけれど、実際にこんなストーカーがいるのかどうかはわからない。登...... [続きを読む]

受信: 2019年1月 8日 (火) 23時57分

» 君が君で君だ [象のロケット]
韓国から日本へやって来た女の子“姫”ことソンのことが大好きな男3人は、10年間ひたすら彼女を見守ってきた。 彼女が好きな尾崎豊、ブラピ(ブラッド・ピット)、坂本龍馬になりきり、彼女の生活には立ち入らずただ見つめるだけ。 そんなある日、ソンの部屋に彼女の彼氏が作った借金の取り立て屋がやって来た…。 ラブ・ストーリー。... [続きを読む]

受信: 2019年1月10日 (木) 21時27分

« 「迫り来る嵐」:スタイリッシュな映像の新鋭   #迫り来る嵐 #ドン・ユエ | トップページ | アジア杯、日本はなんとか白星発進   #アジアカップ  #日本代表 »