« のんとチャボのライブ♪   #のん #のんシガレッツ #仲井戸麗市 #チャボ | トップページ | 「ファースト・マン」:ガタガタとボカン!ボカン!   #ファースト・マン #デイミアン・チャゼル »

2019年2月15日 (金)

「フロントランナー」:薄味で演出力不足   #フロントランナー 

366124_001
映画『フロントランナー』は、実話がベースの物語。舞台は1988年の大統領予備選。ゲイリー・ハートを演じるは、ヒュー・ジャックマン。いつものヒューらしさを消して、いかにもアメリカの湯能な政治家風に芝居していらっしゃいます。

366124_002

映画が提起しているのは、下半身スキャンダルと政治家の資質の問題。考えてみると、この時代あたりがターニング・ポイントだったのでしょうね。それまでは長らく「男の甲斐性」とか「英雄色を好む」という言葉で表される時代が続いてきて(戦後しばらくまでの日本では、政治家が愛妾を持つなんてあたりまえだったようですからねえ)、このあたりを機に時代が変わっていくわけです。それまでの「セーフ」ゾーンが、いきなりアウトになっちゃうんです。

366124_003
その延長線上に、今日のSNS的監視社会があるというか、不寛容の度合いがどんどん高まっているというか、ギスギスした世の中になってしまいました(一方では、良くなった部分もいろいろあるのですけどね)。

特に理想と行動力に燃える理想の政治家タイプのゲイリーと、現在のアメリカ大統領を比べてしまうと・・・どうしたって、この男をスキャンダルで失ってしまったのは大いなる損失だとい思わずにはいられません。まあ、そういう作りの映画なので、一方では批判が出るのもごもっともだとも思います。

366124_005

作品的には、ジェイソン・ライトマンの演出力の不足が露呈してしまっておりますね。ドラマ的にぐわんと盛り上げることもせず、反対に冷徹な視線でえぐることもせず、どうもありきたりで薄味なんですよね。コクが無い。そこらへんはお父上(アイヴァン・ライトマン)に似てしまったのかなあ・・・。

|

« のんとチャボのライブ♪   #のん #のんシガレッツ #仲井戸麗市 #チャボ | トップページ | 「ファースト・マン」:ガタガタとボカン!ボカン!   #ファースト・マン #デイミアン・チャゼル »

コメント

こんばんは。TBをありがとうございました。
本作、おっしゃる通り確かに薄味でした。演出のせいもあるのでしょうが、ヒュー・ジャックマンも真摯な政治家を演じるあまりに冒険心の少ない手堅い演技になってしまったようで…。
もしかしたら実際の選挙戦当時の方が、迫力があったかもしれませんね。

投稿: ここなつ | 2019年2月17日 (日) 22時54分

ここなつさん、これ物語が動き出すまでの2-30分の間めっちゃ眠かったです。

投稿: 大江戸時夫 | 2019年2月19日 (火) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「フロントランナー」:薄味で演出力不足   #フロントランナー :

» フロントランナー [象のロケット]
1988年、アメリカ。 コロラド州選出の上院議員ゲイリー・ハートは、民主党の大統領選最有力候補(フロントランナー)に躍り出た。 ところが、「ハート議員が浮気をしている」というスクープ記事がマイアミ・ヘラルド紙に掲載されてしまう。 マスコミに追及されても、ハートは「答える必要はない」と取り合わなかったが…。 実話から生まれた政治ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2019年2月17日 (日) 11時26分

« のんとチャボのライブ♪   #のん #のんシガレッツ #仲井戸麗市 #チャボ | トップページ | 「ファースト・マン」:ガタガタとボカン!ボカン!   #ファースト・マン #デイミアン・チャゼル »