« カタールは強かった | トップページ | 「赤い雪 Red Snow」:ひたすら陰陰滅滅   #赤い雪 »

2019年2月 3日 (日)

「メリー・ポピンズ リターンズ」:古き良きスタイル   #メリー・ポピンズリターンズ

365402_001
映画『メリー・ポピンズ リターンズ』は、見事に古典的ディズニー映画。あえて現代に、このオールド・スタイルを持ってきましたが、作品にハマってます。何しろオールドスタイルの2Dアニメに人物を合成させるって、半世紀以上前のリメイク元の作品と同じことをやったり(古めかしいテイストのままに)してますけど、実は大江戸、この名作を観落としております。でも場面場面のフッテージは、いろんなところでお目にかかっております。

365402_007

ハリウッド流の古式ゆかしきミュージカルです。で、監督はロブ・マーシャル(『シカゴ』『NINE』など)ですから、ミュージカルの見せ方は心得ております。ダンスの場面になると、その安定感がよくわかります。ショットのサイズとカット割りが的確です。ダンスの美しさや技がわかるサイズをベースに、バストショットやロングショットを的確に織り交ぜて、躍動感を出したりするのです。うまいものです。

365402_004

カラフルな衣装はサンディ・パウエル。『恋に落ちたシェイクスピア』や『ギャング・オブ・ニューヨーク』や実写版『シンデレラ』の名手です。『シンデレラ』に次ぐ登板ってことで、ディズニーからの信頼も篤いんでしょうね。バンクス家のテーマカラーがグリーンだとか、空を飛ぶ人は主にブルーだとか、色遣いの計算が行き届いております。

365402_002_2

『チムチムチェリー』や『スーパーカリフラなんちゃらエクスペリドーシャス』といった前作の有名なナンバー(さすがに知ってます)は使われていないのですよね。代わりの曲も、新たなスタンダードナンバーにはなりない感じ。そこらの弱さはあります。 あとディック・ヴァン・ダイク(これまた知ってます)が出演して、ダンスまで踊っているというのも、前作のファンには嬉しい驚きでしょう。 そのダイクに替わる(煙突掃除夫ならぬ)ガス灯点灯夫(?)のリン=マヌエル・ミランダ(なんか女性っぽい名前ですよね?)って、小太りだしカッコ良くないなーと思ておりましたが、ブロードウェイ・ミュージカルのスターのようですね。知りませんでした。

エミリー・ブラントのメリー・ポピンズ、悪くなかったと思います。そして、作品自体も悪くないです。多くの子供たちに観せたい作品です。ちょっと長いし、中だるみするけれど、終盤の展開や気分の良さは、やはり古き良きハリウッド・スタイルであります。

|

« カタールは強かった | トップページ | 「赤い雪 Red Snow」:ひたすら陰陰滅滅   #赤い雪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「メリー・ポピンズ リターンズ」:古き良きスタイル   #メリー・ポピンズリターンズ:

» メリー・ポピンズ リターンズ [象のロケット]
大恐慌時代のイギリス・ロンドン。 妻を亡くしたバンクス家の長男マイケルは、銀行で働きながら3人の子どもたちを育てていた。 家の中は荒れ放題で、更に家を失う窮地に陥ってしまう! そんな時、魔法使いメリー・ポピンズが、風に乗って彼らのもとに舞い降りる。 20年前と同様、バンクス家の子どもたちの世話をしに来たのだった…。 ファンタジー。... [続きを読む]

受信: 2019年2月 4日 (月) 01時09分

» 劇場鑑賞「メリー・ポピンズ リターンズ」 [日々“是”精進! ver.F]
詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201902010000/ メリー・ポピンズ リターンズ(オリジナル・サウンドトラック/英語歌唱盤) [ (オリジナル・サウンドトラック) ]価格:2700円(税込、送料無料) (2019/1/27時点) ... [続きを読む]

受信: 2019年2月 4日 (月) 06時30分

» 『メリー・ポピンズ リターンズ』('19初鑑賞09・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 2月1日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 10:30の回を鑑賞。2D:字幕版。 [続きを読む]

受信: 2019年2月 6日 (水) 14時49分

» 映画「メリー・ポピンズ リターンズ」 [FREE TIME]
映画「メリー・ポピンズ リターンズ」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2019年2月 7日 (木) 23時06分

» 映画「メリー・ポピンズ リターンズ[IMAX2D・字幕]」感想 [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
こってりしすぎのメリー・ポピンズ いくら何でも歌と踊りが多すぎ、それもジャックが出しゃばり過ぎ。メリー・ポピンズと子供達が心を近づけていく描写がない、上っ面過ぎる。原作者が生きていたら激怒するレベル。ジャックの歌を削ってドラマ部分を増やした方が見やすかったな。背脂チャッチャ系よりも、昔ながらの醤油ラーメンが良かった感。 エミリー・ブラントは素晴らしかった。 仕草も表...... [続きを読む]

受信: 2019年2月 8日 (金) 06時25分

» ショートレビュー「メリー・ポピンズ リターンズ・・・・・評価額1650円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
メリーは、今回もMr.バンクスを救いにやって来る。 P・L・トラヴァースの児童小説を原作とする、ミュージカル映画の金字塔「メリー・ポピンズ」の、実に54年ぶりとなるオフィシャルな続編。 物語の中では前作から25年が経過し、主人公はバンクス家の長男だったマイケルへと代替わり。 かつて子供だったキャラクターが大人になって、社会のしがらみを絡めた問題を抱えているのは昨年の「プーと大人にな...... [続きを読む]

受信: 2019年2月 9日 (土) 16時25分

» 「メリー・ポピンズ リターンズ」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法]
2018年・アメリカ/ディズニー配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン 原題:Mary Poppins Returns 監督:ロブ・マーシャル原作:P・L・トラバース原案:デビッド・マギー、ロブ・マーシ [続きを読む]

受信: 2019年2月12日 (火) 00時21分

« カタールは強かった | トップページ | 「赤い雪 Red Snow」:ひたすら陰陰滅滅   #赤い雪 »