« 日本、コロンビアに惜敗も明るい材料だらけ   #サッカー日本代表 #コロンビア戦 | トップページ | 「キャプテン・マーベル」:『エンドゲーム』につながります   #キャプテン・マーベル #スタン・リー #ブリー・ラーソン »

2019年3月23日 (土)

「君は月夜に光り輝く」:またも!の死病映画   #君は月夜に光り輝く #月川翔 #松本穂香

365792_005映画『君は月夜に光り輝く』は、松本穂香が出ていなきゃ観なかったと思うのですが、いざ観てみたらチョイ役でした(ビリング4番目なのに)。数秒の回想シーンが2-3度あるだけで、あとは写真登場。うーむ、残念。
で、話としては同じ月川翔監督&北村匠海主演の2017年作品『君の膵臓をたべたい』に似すぎてるじゃないですかー。北村くん、ほぼ似た役どころだしー。これって「二匹目のドジョウ」的発想なんでしょうか? 普通、作る方だって演じる方だって、嫌ですよねえ。
365792_003まあ、それにしてもツッコミ所だらけで、ひどい脚本(原作も、か?)です。この病院のセキュリティー、隙だらけだし。親はだいたい(いるべき時にも)いないし。そもそもこんな広い一人部屋病室やら何やらの財源はどこから? 更に言えば、北村くんの身近に(聞いたこともないぐらい珍しい)発光病の人が二人もいるなんて! …ってわけで調べてみたら、なんと発光病ってこの原作小説の「創作」で、実在しないんですってね。何のためにそんなことを! そんなに光らせたかったのかしらん? まさか「薄幸」病ってこと??
365792_004
というわけで、ほとんど使い古された死病映画の類型以外の何物でもありません。やれやれ、でした。これで永野芽衣の代わりに松本穂香が主演だったら、(大江戸的には)まだ観ていられたのでしょうけれど…。
北村くんの母親役の人が、「どっかで見たことあるんだけど誰だったかなあ?」と思っていたら、終盤で「あ、もしかして」と気づき、エンドロールで長谷川京子だったと確認できました。おお、もうこんなに大きな子の母親を演じる年になっていたのですね。
最後の方に光や煙(になった永野芽衣)が月のそばへと流れていくような映像があるのですが、それってまさに「月川翔」ではないですか! 署名なのかしらん?

|

« 日本、コロンビアに惜敗も明るい材料だらけ   #サッカー日本代表 #コロンビア戦 | トップページ | 「キャプテン・マーベル」:『エンドゲーム』につながります   #キャプテン・マーベル #スタン・リー #ブリー・ラーソン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本、コロンビアに惜敗も明るい材料だらけ   #サッカー日本代表 #コロンビア戦 | トップページ | 「キャプテン・マーベル」:『エンドゲーム』につながります   #キャプテン・マーベル #スタン・リー #ブリー・ラーソン »