« セブンとローソンの「チョコ棒」   #チョコ棒 #サクサク食感のチョコ棒 #リスカ | トップページ | 今日の点取占い292 #点取占い »

2019年5月21日 (火)

「轢き逃げ 最高の最悪な日」:役者の顔の弱さ   #轢き逃げ #映画・轢き逃げ #水谷豊  

366435_002 映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』は、水谷豊の監督第2作(助演もしてます)。初監督作の『TAP -THE LAST SHOW-』が、タップ場面以外はかなり難ありな出来だったのと較べると、だいぶ進歩していると思います。本作ではオリジナル脚本も水谷さんが手掛けてるんですね。

とは言え、この作品にも『TAP』同様の弱点がありまして、観てる方としてもちょっと困っちゃうというか、残念な気持ちになったりもしました。 欠点の第一は、メインの役者たちの弱さ。そこに尽きます。

 

366435_001 『TAP』ではオーディションで選んだ素人たちに演技させて、それが敗因でした。こう言っては何ですが、演技力の基本ができてなくて学芸会的なものですから、自主映画みたいに見えてしまうのです。セリフも嘘っぽく聞こえるし、表情がいかにも型通りの芝居だし、そもそも一人一人の顔が大スクリーンに負けちゃっていました。 本作では、ある程度役者としてのキャリアを積んだ人たちをキャスティングしていますが、一般的にはあまり顔が売れていない人たちでもあります。なので、やはり「顔」の弱さというものを感じてしまいました。やはり後半になって、水谷豊、檀ふみ、岸部一徳が出て来ると、映画の質がワンランク上がっているのです。

水谷さんが若手育成を心掛けてトライしているのなら、意義深いことだとは思いますが、映画作品の魅力ということからいうと、やはり役者の力って大きいんだと再確認できました。難しいところですね。

366435_004

冒頭のドローンを使ったワンカットの長回し撮影だとか、映像的にも面白い事をやってますし(撮影=会田正裕)、音響効果にもこだわっていることがわかります。 一方では、作劇に関しては特に後半に無理があり、動機とか犯人像とかが嘘っぽく感じられてしょうがありませんでした。そこ、大事な所なんですけどねえ。次回作があるのなら、今度はプロの脚本家と組んでみたらいかがでしょうか、水谷監督。

 

|

« セブンとローソンの「チョコ棒」   #チョコ棒 #サクサク食感のチョコ棒 #リスカ | トップページ | 今日の点取占い292 #点取占い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セブンとローソンの「チョコ棒」   #チョコ棒 #サクサク食感のチョコ棒 #リスカ | トップページ | 今日の点取占い292 #点取占い »