« (番外編)ウッディーな駅椅子と電車床   #駅椅子 #木の駅椅子 #ソニックの床  | トップページ | 湘南、好調大分に敗れる   #湘南ベルマーレ #ベルマーレ  »

2019年5月11日 (土)

「賭けグルイ」:過剰演技に鼻白むけど   #賭けグルイ #浜辺美波 

366280_024 映画『賭けグルイ』に関しては、原作マンガもアニメもTVドラマも見ておりませんけど、なんとも騒々しく呆れた作品。でも、それなりに面白く観ちゃいました。エンドタイトルの最後に「ギャンブルは法律で禁じられています」的な文が出て来て、笑っちゃいましたけどね。

この高校生たちの世界に、大人(親や先生)が一切出て来ないという設定。現実世界とは切り離したフィクショナル・ワールドなのですね。登場人物の苗字も「蛇喰(じゃばみ)」だの「桃喰(ももばみ)」だの「皇(すめらぎ」だの「歩火(あるきび)」だの、いちいち大仰。荒唐無稽感を増幅させています。

 

366280_005

で、結構しっかりと ギャンブルの勝負を見せてくれるのが良い所。何がどうなってどっちが勝ったのかをしっかりと絵で見せてくれます。この映画においては大事なポイントだけに、そこは評価できます。

だけど、役者たちがいくら何でも過剰すぎる芝居。あまりにも目をむいて口開けて大声張り上げてのたうつので、さすがに見ていて鼻白むものがあります。学芸会じゃないんですから。「ヴィレッジ」の面々が雄叫びを上げながら足を踏み鳴らすあたりも、「舞台版ミュージカルかよ!」って感じで、かなり変でした。

 

366280_001浜辺美波も終盤に至ってはぞっとするような狂気を見せつけるのですが、ああ、この人確かに狂気があるわと合点がいきました。『きみの膵臓をたべたい』で見た時から、ある種の違和感を感じていて、「 16歳なのに成熟した大人顔のせいかしらん?」と思っていたのですが、それもそうだけど、どうやら「狂気」が少しだけ滲み出ていたのではないかと思い直した次第。今後、そっち方面を極めても面白いかも知れませんね(でも東宝シンデレラだから、無理かなあ)。

それはそうと、森川葵と矢本悠馬ってどんだけ共演してんだ!?って印象なんですけど、…何回かなあ?

|

« (番外編)ウッディーな駅椅子と電車床   #駅椅子 #木の駅椅子 #ソニックの床  | トップページ | 湘南、好調大分に敗れる   #湘南ベルマーレ #ベルマーレ  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (番外編)ウッディーな駅椅子と電車床   #駅椅子 #木の駅椅子 #ソニックの床  | トップページ | 湘南、好調大分に敗れる   #湘南ベルマーレ #ベルマーレ  »