« 「幸福なラザロ」:なんだ、これは?   #幸福なラザロ  | トップページ | 「パラサイト 半地下の家族」:そこまで絶賛するほどですか?   #パラサイト #半地下の家族 #ポンジュノ »

2020年1月10日 (金)

「殺さない彼と死なない彼女」:まさかの感動、ユニークな傑作   #殺さない彼と死なない彼女 #ころかれしかの #桜井日奈子 #間宮祥太朗

002_20200110230801 映画『殺さない彼と死なない彼女』を昨日(ほぼ公開が終わりかけているタイミングで)観て、やられました。伏兵でした。もう『キネマ旬報』ベストテンの投票も終わったというのに、落穂拾いの中からこんな傑作が出て来るとは!(年末に観ておくべきでした。) ちょっとキラキラ映画に見せかけて、相当な変化球です。

原作がTwitterに投稿された4コママンガだってこと自体、相当な変化球です。でも映画化に当っては、それにも増して普通じゃないテイストを発散させています。4コママンガからよくぞここまで構成したって感じの脚本が見事ですし、小林啓一監督の演出力も素晴らしいの一語です。

 

005_20200110232001 3組のカップル(うち一組=女×女)が物語の中心ですが、メインとなるのは間宮祥太朗と桜井日奈子のカップル。タイトルを表す二人でもあります。このオフビートな「変なやつ」加減が、二人とも絶妙です。二人の掛け合いは見飽きませんし、間宮と桜井が愛すべき二つの魂を見事に(低体温で)演じているのです。でも26歳の間宮は、(留年してるって設定とは言え)さすがに高校生には見えませんね。 一方、桜井は台詞にもあるように(キュートに)ブサイクなのです。このキャラには、それがすごく効いているのです。で、仏頂面の場面も多いだけに、たまの笑顔が効くのです。彼女がイカ丸焼きにかぶりつく場面なんて、サイコーです。唐突な疾走や変な動きも、ヘンテコキャラを作り上げていて忘れられません。

 

001_20200110233501 彼ら以外のキャラクターもそれぞれ立っていて、それぞれにダメな所を抱えつつ、それぞれに愛おしい感じです。そう、この作品はダメな人たちを肯定する作品になっているのです。終盤には泣かされること、感動させられることも多くて、嬉しい驚きでした。

(以降ネタバレあり) 鹿野(桜井)の最後の言葉、「ねえ、未来の話をしましょう。」の何という美しさ! 少女の成長物語になっていて(それは他の少女&少年に関しても言えます)、実に気持ちのいいラストでした。

映像的には、セミロング・ショットが多くて、また奥と手前の二人の人物に交互にフォーカスを移動させていくショットや、自然光の変化を(素人の失敗撮影みたいに)強引に使っているショットなども印象的でした。

いずれにしても、凡百のキラキラ映画を葬り去るような秀作であり、日本の青春映画史&恋愛映画史に残る一本だと思います。

 

 

|

« 「幸福なラザロ」:なんだ、これは?   #幸福なラザロ  | トップページ | 「パラサイト 半地下の家族」:そこまで絶賛するほどですか?   #パラサイト #半地下の家族 #ポンジュノ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「幸福なラザロ」:なんだ、これは?   #幸福なラザロ  | トップページ | 「パラサイト 半地下の家族」:そこまで絶賛するほどですか?   #パラサイト #半地下の家族 #ポンジュノ »