« 「リチャード・ジュエル」:静かでつつましやかな傑作   #リチャードジュエル #クリントイーストウッド | トップページ | 「彼らは生きていた」:100年以上前の映像証言   #彼らは生きていた #第1次世界大戦  »

2020年2月 4日 (火)

「前田建設ファンタジー営業部」:面白びっくりの(実話)お仕事映画   #前田建設ファンタジー営業部 #前田建設 #マジンガーZ

018 映画『前田建設ファンタジー営業部』は、お仕事コメディとしてかなり笑えて面白かったです。でも、これが実話に基づいているとは! つまり前田建設ファンタジー営業部ってのが実在する組織だとは! びっくりです。そもそも前田建設が実在することすら知らなかったし。

マジンガーZの格納庫をリアルに作っちゃおう(WEB上でだけど)というトンデモ・プロジェクトを大真面目に(結構ふざけてますけど)遂行するメンバーたち。その検討~調査~問題解決~積算という作業および苦難の道のりを、しっかりしたエンタテインメントとして描いています。これ、映画化前に舞台(ヨーロッパ企画)になっているんですってね。なので脚本はヨーロッパ企画の上田誠です。さすがに演劇的な笑いの取り方は、うまいですね。

 

Photo_20200204230001 おぎやはぎの小木博明をはじめ、上地雄介、岸井ゆきの、高杉真宙、六角精児ら濃い目の役者たちの濃い目のコント的な芝居が、この作品には合っていると言えましょう(見てるうちに慣れます)。そしてプロジェクトチームの面々が出会う社内外のプロフェッショナル達が、映画に推進力を与えています。

ただ、やたらと音楽を盛り上げる場面が多いのですが、台詞とのバランスが悪くて、何を話しているのか聞き取れなくなることが、何度もありました。そこは技術的によろしくありませんでしたね。また、男子トイレの場面が妙に多いのですが、そこでの放尿音が妙にナマナマしくかつ大きいのも、なんだかなーでした。

一方、エンドタイトルはイラスト使用のキュートでしゃれたアートワーク。これは賞をあげたいぐらいステキでした。

 

016_20200204231501 それにしても、今朝の朝日新聞「天声人語」にこの映画の事が書かれていたのにはびっくり。やっぱり仕事には(泥臭い分野であるほど)「夢」の部分が必要なんですよね。

本物の前田建設ファンタジー営業部は、この後も『銀河鉄道999』やら『機動戦士ガンダム』やらのプロジェクトを実施しているようです。それなら映画の方も続編がどんどん作れますよね?

それはそうと、鶴見慎吾って、もうシリアスに演じても『たぶんこうだったんじゃないか劇場』にしか見えなくなっておりますよね。ちょっと悲劇ですね。

 

 

 

 

|

« 「リチャード・ジュエル」:静かでつつましやかな傑作   #リチャードジュエル #クリントイーストウッド | トップページ | 「彼らは生きていた」:100年以上前の映像証言   #彼らは生きていた #第1次世界大戦  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「リチャード・ジュエル」:静かでつつましやかな傑作   #リチャードジュエル #クリントイーストウッド | トップページ | 「彼らは生きていた」:100年以上前の映像証言   #彼らは生きていた #第1次世界大戦  »