« 「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」:油の抜けたギリアム   #テリーギリアム #ドンキホーテ | トップページ | 「東横デパートの思ひ出展」と渋谷東急プラザ   #東横デパート #東横デパートの思ひ出展 #ひばり号 #渋谷東急プラザ »

2020年2月 1日 (土)

「ロマンスドール」:一風変わった愛の物語   #ロマンスドール #タナダユキ #蒼井優

004_20200201223601 映画『ロマンスドール』は、タナダユキが10年ほど前に発表した原作小説を自ら脚本・監督で撮り上げた作品。面白いです。2時間13分を長く感じさせず、一風変わった素敵な愛の物語になっています。

ラブドール職人というきわどいコースを突きながら、しっかりとお仕事映画のストライクゾーンにも着地させました。しっかりした土台(仕事描写)の上に良い家(男女の描写)が建った印象です。夫婦の愛の物語として、日本映画史の中でも風変わりで貴重な一本だと思うのです。

 

008_20200201225101 一方のお仕事パートでは、きたろうさんの(意外な)好演と、「あ、出てたの!」と驚いたピエール瀧のいつもの好演で、大いに質が上がりました。『宮本から君へ』ほどじゃないですけど、ここでのピエールも「得難い役者」であることを見せつけています。

そしてもちろん蒼井優! 彼女はここ2-3年、役者としてのピークを迎えてますね。『彼女がその名を知らない鳥たち』('17)以来、『長いお別れ』『宮本から君へ』そして本作と、ほとんど無敵です。後半などかなり痩せた体を作ったこともわかりますし。

 

002_20200201230201 (以降ネタバレあり) 後半、大江戸の嫌いな死病映画になってしまうのですが、意外とすんなり受け入れられました。まったくのところ「お涙頂戴」になっていないところに好感が持てます。タナダユキと高橋一生の「淡々とした」持ち味が、この作品には合っていたのだと思います。

世の中にはいろんな仕事があるもんですねー。そういういろんなものを見られるというのも、映画の効用でございます。

 

 

|

« 「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」:油の抜けたギリアム   #テリーギリアム #ドンキホーテ | トップページ | 「東横デパートの思ひ出展」と渋谷東急プラザ   #東横デパート #東横デパートの思ひ出展 #ひばり号 #渋谷東急プラザ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」:油の抜けたギリアム   #テリーギリアム #ドンキホーテ | トップページ | 「東横デパートの思ひ出展」と渋谷東急プラザ   #東横デパート #東横デパートの思ひ出展 #ひばり号 #渋谷東急プラザ »