« 「屋根裏の殺人鬼 フリッツ・ホンカ」:汚穢と腐臭の胸糞映画   #屋根裏の殺人鬼 #フリッツホンカ #胸糞映画 | トップページ | 新型コロナウイルスの日々   #新型コロナウイルス #のん  »

2020年2月26日 (水)

「グッドバイ ~嘘からはじまる人生喜劇~」:小池栄子のための映画   #グッドバイ #嘘からはじまる人生喜劇 #小池栄子

001_20200226225501 映画『グッドバイ ~嘘からはじまる人生喜劇~』は、ケラリーノ・サンドロヴィッチによる舞台(もちろん原作は太宰治=未完)の映画化。この舞台、観ています。夏帆目当てで行きました。あの舞台では、小池栄子は同じ役でしたが、男の役は仲村トオル。本作の大泉洋とはかなり違う個性でした。あ、ちなみに夏帆の役(若い挿絵画家)は本作では橋本愛が演じてます。また、この映画版の脚本は奥寺佐渡子なので、これまたケラさんとは違う個性です。

で映画の方は、まあ特段悪くはないけれど、どうってことない出来でありました。期待すると肩すかしをくらうぐらいの、古典的な普通のコメディ。そして、とにかく「小池栄子を見る映画」になっております。

 

002_20200226230701 小池さんは、闇市のかつぎ屋としてワイルドに登場。その後も、上流婦人に見せかけながらも、そのワイルドなお里が見え隠れするという役柄。映画でも、舞台と同じような大げさな発声と芝居で演じております。大泉が抑制気味に地味目な演技をしている一方で、小池さんはかなり暴れています。

あとの女優陣(水川あさみ、橋本愛、緒川たまき、木村多江)はそれほど冴えず、普通に「助演」というポジション。男優の方では、松重豊の腹芸と濱田岳の豹変ギャップ芸が面白かったです。

 

008_20200226231901 まあ、ただ作品全体が随分と昭和レトロなもったり感に覆われていて、テンポは良くないし、演出は垢抜けないし、・・・舞台ほどには成功しなかったみたいですね。

成島出監督が肺がんで入院後、元気に復活して撮った作品だそうですが、うーん、どうなんでしょうねー。むしろケラリーノ・サンドロヴィッチ監督版を観てみたい気がしてしまいました。

 

 

|

« 「屋根裏の殺人鬼 フリッツ・ホンカ」:汚穢と腐臭の胸糞映画   #屋根裏の殺人鬼 #フリッツホンカ #胸糞映画 | トップページ | 新型コロナウイルスの日々   #新型コロナウイルス #のん  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「屋根裏の殺人鬼 フリッツ・ホンカ」:汚穢と腐臭の胸糞映画   #屋根裏の殺人鬼 #フリッツホンカ #胸糞映画 | トップページ | 新型コロナウイルスの日々   #新型コロナウイルス #のん  »