« 今日の点取占い301   #点取占い #点取り占い | トップページ | ファンタ プレミアグレープ:大人のぶどうソーダ  #ファンタプレミアグレープ »

2020年3月27日 (金)

「レ・ミゼラブル」:仁義なき戦い   #レミゼラブル #ラジリ

002_20200327233301 映画『レ・ミゼラブル』は、同名のあの映画とはまったく(というか、「ほぼ」)関係のない現代劇。これ、Bunkamuraル・シネマあたりでも公開されているのですが(もっともル・シネマはコロナ対策の閉館で出遅れましたが)、タイトルで観ちゃった松濤の奥様方がいたとしたら、びっくりしちゃったことでしょうね。という感じにハードなギャングスタ映画です。

冒頭にはFIFAワールドカップ2018年大会の優勝で歓喜に沸くシャンゼリゼの光景が出て来ますが、その後はパリ郊外のモンフェルメイユ。多民族が暮らす、貧しく治安の悪い地域です。そこでの警察の犯罪防止班と、いくつかのチームの抗争を描いていきます。また、ラ・ジリ監督がこのモンフェルメイユの出身で、実体験に基づく話だそうですから、迫真の力があるのです。

 

007_20200327234601

とにかく描写がリアル。手持ちで揺れのある不安定なカメラがまたリアル。『仁義なき戦い』の方法論と共通するものがありますね。低予算ならではのほぼ素人俳優たちの面構えや雰囲気もまたリアルです。で、そいつら(警察から子供まで)がハードな「仁義なき抗争」を繰り広げるものですから、リアルにハラハラドキドキします。かなりの緊張感が全編を覆っています。そして怒りや憤りの感情が、所々で湧きあがります。「恐るべき子供たち」でもありますね。

 

008_20200328000101 というわけで、確かに現代の様々な問題を活写した作品です。昨年のカンヌ映画祭で、ポン・ジュノの『パラサイト』とパルムドール(最高賞)を争っただけのことはありますね(こっちは審査員賞になりました)。大江戸的にはむしろこっちの方が、衝撃作ですし、評価も上です。「人間ってやつは…」と思わざるを得ません。これじゃあフランスじゃなくて「腐乱臭」ですよ。

ラストの断ち切り方もまたクール。終盤の衝撃的な熱を、クールに深く心に落とし込むラストなのでした。

 

 

|

« 今日の点取占い301   #点取占い #点取り占い | トップページ | ファンタ プレミアグレープ:大人のぶどうソーダ  #ファンタプレミアグレープ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日の点取占い301   #点取占い #点取り占い | トップページ | ファンタ プレミアグレープ:大人のぶどうソーダ  #ファンタプレミアグレープ »