« 「SHIROBAKO」:創作にまつわるお仕事映画   #SHIROBAKO #劇場版SHIROBAKO #バルト9  | トップページ | 都知事選候補の変な方々   #都知事選 #都知事選ポスター #泡沫候補 #スーパークレイジー君  »

2020年6月24日 (水)

2000年代外国映画ベストテン   #2000年代外国映画ベストテン #2000年代洋画ベストテン





今出ている『キネマ旬報』で「2000年代外国映画ベストテン」を特集しております。 これまで1970年代、80年代、90年代と続いてきた『キネ旬』100周年記念企画の最新版。ここで言う「2000年代」とは「2000~2009年」の十年間に「制作国で初公開された作品」という規定。だから、日本公開や当時のベストテンとはズレがある場合もあります。

1位:殺人の追憶、2位:花様年華、3位:グラン・トリノ、ダークナイト(同点)・・・と、その前の1990年代同様かなり弱い年代だと思います。
小生が自分のテンを選んでても、やはり弱いなあと感じちゃいました。ベストテン(同点があるので13本)のうち6本がアジア映画です。中でも韓国映画の躍進と充実がめざましい時代でした。逆にヨーロッパ映画は1本も入っていない退潮ぶりでした。 で・・・
 

大江戸時夫の2000年代洋画ベストテン( )内は監督
1.ベンジャミン・バトン 数奇な人生(デイヴィッド・フィンチャー)
2.シルビアのいる街で(ホセ・ルイス・ゲリン)
3.アメリ(ジャン=ピエール・ジュネ)
4.ダンサー・イン・ザ・ダーク(ラース・フォン・トリアー)
5.ヤンヤン 夏の想い出(エドワード・ヤン)
6.オールド・ボーイ(パク・チャヌク)
7.宇宙戦争(スティーヴン・スピルバーグ)
8.ドッグヴィル(ラース・フォン・トリアー)
9.悪い男(キム・ギドク)
10.ミリオン・ダラー・ベイビー(クリント・イーストウッド)

作品に関してはこんなところですが、順位は今の気分です。これでいいのか、自信も確信もありません。でも、こうしてみるとむしろアメリカ映画退潮期だったのかしらん? フィンチャー、スピルバーグ、イーストウッド以外は、ヨーロッパとアジアの監督ではありませんか?! ラース・フォン・トリアーが2本入るとは、我ながらびっくりです。はみ出した作品を列挙すると・・・

グエムル 漢江の怪物(ポン・ジュノ)
ムーラン・ルージュ(バズ・ラーマン)
レクイエム・フォー・ドリーム(ダーレン・アロノフスキー)
僕たちのアナ・バナナ(エドワード・ノートン)
アイ・アム・サム(ジェシー・ネルソン)
マイケル・ジャクソン THIS IS IT(ケニー・オルテガ)
ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト(マーティン・スコセッシ)
ファニーゲームU.S.A.(ミヒャエル・ハネケ)
ファインディング・ニモ(アンドリュー・スタントン)

毛皮のエロス ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト(スティーヴン・シャインバーグ)

ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢(ジェームズ・D・スターン、アダム・デル・デオ)

マッチポイント(ウディ・アレン)

(500)日のサマー(マーク・ウェブ)

 

*’00年代の日本映画篇はこちら↓

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2020/07/post-083eff.html

 

 

|

« 「SHIROBAKO」:創作にまつわるお仕事映画   #SHIROBAKO #劇場版SHIROBAKO #バルト9  | トップページ | 都知事選候補の変な方々   #都知事選 #都知事選ポスター #泡沫候補 #スーパークレイジー君  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「SHIROBAKO」:創作にまつわるお仕事映画   #SHIROBAKO #劇場版SHIROBAKO #バルト9  | トップページ | 都知事選候補の変な方々   #都知事選 #都知事選ポスター #泡沫候補 #スーパークレイジー君  »