« 「ようこそ映画音響の世界へ」:映画の半分は、音   #ようこそ映画音響の世界へ #映画音響  | トップページ | 今日の点取占い305   #点取り占い #点取占い »

2020年8月31日 (月)

「シチリアーノ 裏切りの美学」:殺されなかった男   #シチリアーノ #シチリアーノ裏切りの美学 

1_20200831221001 映画『シチリアーノ 裏切りの美学』は、現代のイタリアが描く’80年代のマフィアの全面戦争~裁判の実話。内部告発者が主人公なので、原題は“Il Traditole”=裏切者です。

2時間32分もあるのですが、まあ『ゴッドファーザー』だって、1、2、3がそれぞれ2時間58分、3時間22分、2時間50分あるのですから、まだかわいいもんです。ただ、あの作品ほどに荘重な悲劇とか重厚なサーガではありませんし、なんか軽いんです。面白味もとりたてて感じません。イタリア人が観ると、面白いのでしょうか?

作品にとって重要な進展や転換が、割とセリフだけでさらっと語られたりするので、観ている方としてはきちんとした筋を見失ってしまいます(時制も前後するし)。もっと「絵」で見せてほしいものです。そうしないと、物語のダイナミズムが動いていかないのです。

まあ、マフィアってのは冷酷で私欲まみれのしょうがない奴らだなって映画です。映像的には、判事が謀殺される場面での車の中から前方を捉えた、運転席と助手席の人物込みのショットで、フロントガラスから見えるものがどんどん変わっていく、その迫力が凄かったです。ヒッチコックの『海外特派員』の飛行機墜落シーンを思わせるものでした。

それにしてもこの人、よく組織から殺されなかったなあ(みんな牢獄に入っちゃったからなんでしょうね)。

|

« 「ようこそ映画音響の世界へ」:映画の半分は、音   #ようこそ映画音響の世界へ #映画音響  | トップページ | 今日の点取占い305   #点取り占い #点取占い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ようこそ映画音響の世界へ」:映画の半分は、音   #ようこそ映画音響の世界へ #映画音響  | トップページ | 今日の点取占い305   #点取り占い #点取占い »