« 「82年生まれ、キム・ジヨン」:ジェンダーギャップ社会への啓蒙   #82年生まれキムジヨン #映画キムジヨン #ジェンダーギャップ | トップページ | 下北沢の温泉旅館「由縁別邸 代田」   #由縁別邸代田 #下北沢の温泉旅館 »

2020年11月 8日 (日)

「バルタザールどこへ行く」:救いのなさに唖然   #バルタザールどこへ行く #ロベールブレッソン

05b90a39f1799c3e 映画『バルタザールどこへ行く』(1966年)がリバイバル公開されたので、観に行きました(初見です)。

いやー、つらい。救いがない。まいりました。

ロバが出て来るし、「どこへ行く」なんてタイトルが醸す雰囲気はなんとなく呑気だし、少女は出て来るし、もっと純朴なストーリーを予想していました。ところがどうでしょう。小さな村に、この世の醜さや生きづらさが集約されているような話で、腹が立ったり心が痛んだりするようなエピソードばかりが続きます。悪い奴が罰される勧善懲悪でもなく、清純だった少女は堕ちてしまい、よき人は報われることなくひどい目に遭い…。しかも、ラストの救いのなさと言ったら、…唖然としちゃいますよね。誰もが無言で、暗くモヤモヤした気分で劇場を出るのです。

おまけに、ロベール・ブレッソンの演出は不親切というか、はっきりわかりやすく描かないで、非常にさりげない描写やヒントで、物語を進行させていくものですから、ぼーっとしていると何がどうなったのかわからなくなってしまいます。まあ、最近のわかりやす過ぎる説明過多の映画ばかりの風潮に、ガツンとパンチを見舞ってくれたとも言えます。昔は難解な「芸術映画」ってやつが多かったですもんね。

1時間36分なのに、2時間15分ぐらいの長さに感じました。それだけつらかったってことでしょうね。うーむ。

|

« 「82年生まれ、キム・ジヨン」:ジェンダーギャップ社会への啓蒙   #82年生まれキムジヨン #映画キムジヨン #ジェンダーギャップ | トップページ | 下北沢の温泉旅館「由縁別邸 代田」   #由縁別邸代田 #下北沢の温泉旅館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「82年生まれ、キム・ジヨン」:ジェンダーギャップ社会への啓蒙   #82年生まれキムジヨン #映画キムジヨン #ジェンダーギャップ | トップページ | 下北沢の温泉旅館「由縁別邸 代田」   #由縁別邸代田 #下北沢の温泉旅館 »