« 阿波踊り専用エナジードリンク「アワライズ」   #阿波踊り #阿波おどり #アワライズ | トップページ | 「アンダードッグ 前編/後編」:やさぐれボクシング映画の最高峰   #アンダードッグ #武正晴 #森山未來 #ボクシング映画 »

2020年11月28日 (土)

「さくら」:松竹調ホームドラマをぶっこわす   #さくら #映画さくら #矢崎仁司 #小松菜奈

1_20201128215301

映画『さくら』は、なんか「犬と家族の心温まるホームドラマ」みたいな見かけで、予告編を見てもほとんど観る気が沸かなかったのですが、意外にも矢崎仁司が監督だってことで観に行きました。この監督、大江戸の大好きな『花を摘む少女 虫を殺す少女』『ストロベリーショートケイクス』などを撮ってる一方で、どうでもいいような作品も撮ってて、結構ムラがあるのです。前作はあの問題作『スティルライフオブメモリーズ』。それが今回はなんと、松竹の看板を背負ってます。松竹で「さくら」って言ったら『男はつらいよ』…ってことはないのですが、似合わないことやってますね。

でも見かけとは違って、いちいち松竹調ホームドラマをぶっこわすような作品だったので、驚くとともに納得しました。なるほど、矢崎仁司が撮ってるんだからそうなりますよね。わんちゃんとファミリーだからってんで、小さい子供連れで観に行ったり親子で観に行ったりすると、けっこう気まずい場面が次々と出てきます。そして重いエピソードも連続します。

それらが典型的な明るいホームドラマの外見をまとって展開されるので、かなり異色の作品です。なんだこりゃ?です。変な映画です。で面白かったかと言問われれば、うーん、大江戸は「ノー」と答えます。やっぱり作品としてはうまくいってませんよねえ。気持ちよくぶっこわしてくれてはいません。

小松菜奈はその長い足をむき出しにして飛び回っていますが、その伸びやかな演技が他のキャストに勝っておりました。少なくとも『糸』の彼女よりは、だいぶ良いです。

 

 

|

« 阿波踊り専用エナジードリンク「アワライズ」   #阿波踊り #阿波おどり #アワライズ | トップページ | 「アンダードッグ 前編/後編」:やさぐれボクシング映画の最高峰   #アンダードッグ #武正晴 #森山未來 #ボクシング映画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 阿波踊り専用エナジードリンク「アワライズ」   #阿波踊り #阿波おどり #アワライズ | トップページ | 「アンダードッグ 前編/後編」:やさぐれボクシング映画の最高峰   #アンダードッグ #武正晴 #森山未來 #ボクシング映画 »