« 「アンダードッグ 前編/後編」:やさぐれボクシング映画の最高峰   #アンダードッグ #武正晴 #森山未來 #ボクシング映画 | トップページ | 驚異の「だし道楽」自販機!   #だし道楽 #だしの自販機 #焼きあごだし »

2020年11月30日 (月)

「脳天パラダイス」:デタラメで寒い   #脳天パラダイス #山本政志 #トランス映画

1_20201130231001  映画『脳天パラダイス』は山本政志監督による、とにかくデタラメでバカバカしくて狂った作品。そういうと面白そうなんですけど、うーん、別に面白くもありませんでした。デタラメが花火のように炸裂するのではなく、暴発してしまったような…。

それぞれの人物やエピソードが圧倒的に突き抜けてるかというと、そうでもなく、驚くような映像パワーやスピード感があるかというと、そうでもなく…。っていうか、むしろサムイです、画面。笑える所も期待したほどないし、…ってか笑えないし。音がない場面は多いし、テンポは妙にゆったりしてるし(テキパキ進まないし)、観てて寂寞感が襲ってきます。ガラガラの場内も、それに拍車をかけておりました。「トランス映画」を標榜するなら、もっと極めてほしかったところです。

言っちゃあ悪いけれど、全てにわたって感覚が古いんです。なのに、『キネ旬』なんかじゃこの作品をやけに称賛してたりして、・・・まあ、映画の観かたって人それぞれですねえ。

どうせなら、もっともっと過激に振り切っていただきたかったところです(子供が木の棒になるシュールさだけは面白かったですけど)。

|

« 「アンダードッグ 前編/後編」:やさぐれボクシング映画の最高峰   #アンダードッグ #武正晴 #森山未來 #ボクシング映画 | トップページ | 驚異の「だし道楽」自販機!   #だし道楽 #だしの自販機 #焼きあごだし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「アンダードッグ 前編/後編」:やさぐれボクシング映画の最高峰   #アンダードッグ #武正晴 #森山未來 #ボクシング映画 | トップページ | 驚異の「だし道楽」自販機!   #だし道楽 #だしの自販機 #焼きあごだし »