« 湘南、横浜FCにお返しの勝利!   #湘南ベルマーレ #ベルマーレ #湘南対横浜FC  | トップページ | 「空に住む」:気持ち良さと気持ち悪さの同居   #空に住む #青山真治 #多部未華子 #高橋洋 »

2020年11月 1日 (日)

「鬼滅の刃 無限列車編」:予習を終えて劇場へ   #映画版鬼滅の刃 #鬼滅の刃無限列車編 

2_20201101224101 映画『鬼滅の刃 無限列車編』は、このコロナ禍下において信じられないほどの猛ヒットを記録している社会現象アニメ。大江戸ももともとはマンガもアニメも見てなかったのですが、公開に合わせてフジテレビが放送した総集編的な『兄妹の絆編』『那田蜘蛛山編』を見て、その続きにあたる22~26話の一挙放送も見て、この映画への予習は一応行った上で劇場に向かいました。

で、さすがに映画版だけに、映像のクォリティーは上がっております。音響の迫力も映画館ならでは。シリアスとギャグの混在も、これまで通り。予習ナシで初見の人でも一応わかるように作ってあると思います。夢が大きなウェイトを占めるエピソードだけに、回想シーンが多くて、そこで人物の背景を説明していますが、それが物語をわかりやすく&キャラクターに厚みを持たせているわけです。でもそれと引き換えに、物語の進行が寸断されるデメリットも。

バトル場面はかなり派手にアクションしまくりますが、大江戸はそういうところにあまりノれないタイプなので(飽きちゃう)…。むしろ大正時代の風俗や着物なんかの方に興味をそそられました。 またWEB記事などで「泣ける」「泣ける」と書かれていた割には、それほどでもなかったなあ(ま、周囲の席に泣いてる人はいましたけど)。それなりにつまらなくはないんですけれど、大江戸はハマれませんでしたね。でも、鬼が滅びるところの語りで、妙に「サラリーマンの悲哀」を感じさせていたのは印象的でした。

刀の世界なのでしょうがないけれど、外国で公開するには“too violent”でしょうねえ。首とか体とか、ポンポン飛んじゃいますから。その理由で、実写版も難しいでしょう(少なくともR15+にはなるでしょうし)。それでも、今の小学生は親とともにこれ見て喜んでるわけですからねえ。それでここまでのメガヒットになるというのは、ちょっと複雑な気もいたします。

|

« 湘南、横浜FCにお返しの勝利!   #湘南ベルマーレ #ベルマーレ #湘南対横浜FC  | トップページ | 「空に住む」:気持ち良さと気持ち悪さの同居   #空に住む #青山真治 #多部未華子 #高橋洋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 湘南、横浜FCにお返しの勝利!   #湘南ベルマーレ #ベルマーレ #湘南対横浜FC  | トップページ | 「空に住む」:気持ち良さと気持ち悪さの同居   #空に住む #青山真治 #多部未華子 #高橋洋 »