« 堀之内妙法寺にお参り   #堀之内妙法寺 #妙法寺  | トップページ | バウムクーヘンについて2021   #バウムクーヘン #ユーハイム #ホレンディッシュカカオシュトゥーベ »

2021年1月11日 (月)

「Swallow スワロウ」:新しい才能の誕生   #スワロウ #カーロミラベラデイヴィス

1_20210111001701 予告編を見て非常に気になった映画『Swallow スワロウ』を観て、やっぱり驚きました。監督・脚本のカーロ・ミラベラ=デイヴィス、新しい才能だと思います。この人のことをネットで調べても(この映画の公式サイトにも!)日本語版には何も出ていません。英語で調べたら、これまでは短編やドキュメンタリーは撮っているけど、長編劇映画はこれが初めてということがわかりました。今年の3月時点で39歳の男性です。

とにかく映像の感覚が素晴らしい。どのショットも映画の「絵」として、格別に上等です(蓮實重彦流に言えば、「ショットの撮れる人」ってことでしょうか)。しかも色彩が、尋常ならざるアート感覚で迫って来ます。透明感のある赤やブルーの美しさ!  そのクールな映像の中でじわじわと高まっていく不条理なサスペンスが、映画的に見事です。ドキドキさせられ、心をかき乱されます。そして、これまでに観たことのないタイプの映画となっているのです。異常さが素晴らしい! どうなってしまうのか、着地点もまったく想像できませんでした。

(以降少々ネタバレあり) しかしながら上映時間95分の最後の1~2割で、割と常識的な結末に収まってしまった感があります。不条理なアンバランス・ゾーンかと思っていたら、なんか心理学の症例映画みたいになってしまって、「理解できない怖さ」だったのが「理解できる解決」に落とし込まれてしまいました。フェミニズム的な匂いも含めて、そこらへんを評価する人もいるみたいですが、大江戸はちょっと残念に思いました。

でもこの監督の才能だけは確かです。ポンポンと早いテンポで省略を効かせながら進んでいくストーリー・テリングにも、素晴らしい才能が感じられました。次回作がどんなものになるのか、刮目して待つといたしましょう。

 

|

« 堀之内妙法寺にお参り   #堀之内妙法寺 #妙法寺  | トップページ | バウムクーヘンについて2021   #バウムクーヘン #ユーハイム #ホレンディッシュカカオシュトゥーベ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 堀之内妙法寺にお参り   #堀之内妙法寺 #妙法寺  | トップページ | バウムクーヘンについて2021   #バウムクーヘン #ユーハイム #ホレンディッシュカカオシュトゥーベ »