« 頑張り過ぎると、運が逃げる。    #座右の銘 #名言 #金言 #タモリ #頑張り過ぎない | トップページ | 「トムとジェリー」:失敗作でしょ   #トムとジェリー #実写とアニメの融合 #クロエグレースモレッツ »

2021年3月19日 (金)

日本アカデミー賞の作品賞がサプライズ!   #日本アカデミー賞 #ミッドナイトスワン #Fukushima50 

毎年見るともなく見てしまい、その度に程度の差こそあれ腹を立てちゃうのが、「日本アカデミー賞受賞式」のテレビ放映。

「結果がおかしい!」(そもそもノミネートもおかしい)とか、「スタッフ部門の賞はほとんど無視かよ!」とか、「恥ずかしいほどに、映画への愛や敬意がない!」とか、とにかく茶番過ぎて嫌になります。坂上忍の解説も全くいらないだろ!って感じなのに、何年も続いてますよね(坂上が俳優のことを「○○君」と呼んでマウント取ろうとするあたりも、嫌な感じですよねー)。そんな時間があるなら、スタッフ賞や功労賞にもう少し時間とったり、すべきことがあるのにね。

松竹、東映が強いのは昔から(今回は東映作品がない年でしたが)。でも、昨年は東映、松竹、東宝の大手3社以外の『新聞記者』が最優秀作品賞を取ったりして、「少しは改革の兆しが…」と思ったら、今年の作品賞は『ミッドナイトスワン』! いやー、これはサプライズでした。一番はじめに『罪の声』の宇野祥平を押さえて「Fukushima 50」の渡辺謙が最優秀助演男優賞を獲った時に、「ああ、今年の作品賞は『Fukushima 50』だな」と確信したのですが、大ハズレでしたー。東日本大震災から10年の節目の年ということもあり、絶対そっちだと思ったんですけどねえ。ま、別に『Fukushima 50』そんなに好きなわけじゃないからいいんですけど。

それにしても『ミッドナイトスワン』は、キノフィルムズの配給で、割と小規模な公開。そんな作品の受賞は、人間や生き方の多様性を取り上げた題材とともに、日本アカデミー賞の変化を感じさせるものではありましたが、でも番組の構成や演出が十年一日でねえ…。日テレさんの意識を変えさせない限り、前進していかないんじゃないでしょうか。中途半端なインタビューを含む俳優賞ばかりに尺を割いて、メインの作品賞なんか短くカットしちゃってますもん。対象に対する愛と敬意がなくて、いったい何をしたいのでしょうか? ああ、今年もやっぱり腹が立ちました。司会の羽鳥慎一が菅田将暉と小松菜奈への交互の質問で、ゴシップ系の掘り下げを匂わせていたあたりも、感じ悪かったですねー。

そして、全身カフェオレ色(シャンパンゴールド?)のシム・ウンギョンにもびっくりしました(おばあちゃんかと思った)。

 

|

« 頑張り過ぎると、運が逃げる。    #座右の銘 #名言 #金言 #タモリ #頑張り過ぎない | トップページ | 「トムとジェリー」:失敗作でしょ   #トムとジェリー #実写とアニメの融合 #クロエグレースモレッツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 頑張り過ぎると、運が逃げる。    #座右の銘 #名言 #金言 #タモリ #頑張り過ぎない | トップページ | 「トムとジェリー」:失敗作でしょ   #トムとジェリー #実写とアニメの融合 #クロエグレースモレッツ »