« 湘南、ショッキングな逆転負け   #湘南ベルマーレ #ベルマーレ #湘南対柏 | トップページ | 「キャラクター」:上出来のサイコキラーもの   #キャラクター #映画キャラクター #菅田将暉 #小栗旬 #Fukase #高畑充希 #松田洋治 »

2021年6月28日 (月)

「Arc アーク」:静謐な哲学SFの傑作   #Arc #アーク #映画アーク #石川慶

1_20210628223901 映画『Arc アーク』は、特に期待していなかったのですが、見事な傑作SF でした。日本映画でこれだけ上質な哲学的SFができるとは! しかもメジャーな娯楽映画の枠内で。いやー、驚きました。石川慶監督、『愚行録』『蜜蜂と遠雷』そして本作と、ホップ・ステップ・ジャンプだと思います。

人間の生とは?生きるとは?といった最も哲学的な命題を、人類が太古より求めてきた「永遠の命」と時間の問題に絡めて考察していきます。そこに(死体から体液と脂肪を抜いて、代わりに特殊な樹脂を入れて、生きた姿のまま保存する)プラスティネーションまで絡めて、ビジュアルな興味や美しさをも追究していきます。

物語のトーンは、あくまでも静謐。同じ哲学的SFとして、カズオイシグロの『わたしを離さないで』(その映画版も)を連想しました。あの静かで悲しくて、でも命や人生への深い考察に満ちた作品と、どこか似ています。不勉強で、中国出身の原作者ケン・リュウのことは知りませんでしたが、原作も、脚本(石川慶、澤井香織)も素晴らしいと思います。

そして石川慶監督と名コンビのポーランド人撮影監督=ピエトル・ニエミイスキの映像の透徹した美しさ。良い絵が撮れています。実在の風景からSF的不思議ワールドを作り上げていますし、後半のモノクロ・パートに関しては、また別の懐かしくも寂寞とした味わいを出していて、レトロフューチャーな世界をクリエイトしていると言えます(小豆島で撮ったという風景など、時代設定を考えるとかなり強引ではありますが)。

この映画、芳根京子らの俳優陣も素晴らしいのですが、全ての技術パートが見事に質が高いのです。美術も、衣装も、ヘアメイクも、音響も、音楽も。観終えた時、エンドロールにかかる音楽がJポップとのタイアップなんかじゃなくて、世武裕子によるインストゥルメンタルだったので、ほんと良かったと思いましたもん。

(以降多少ネタバレあり) ラストで主人公が下した決断は、この映画のメッセージとして納得のいくものでした。そして、そこに倍賞千恵子を持ってきたキャスティングも説得力を持たせて、お見事でした。

 

|

« 湘南、ショッキングな逆転負け   #湘南ベルマーレ #ベルマーレ #湘南対柏 | トップページ | 「キャラクター」:上出来のサイコキラーもの   #キャラクター #映画キャラクター #菅田将暉 #小栗旬 #Fukase #高畑充希 #松田洋治 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 湘南、ショッキングな逆転負け   #湘南ベルマーレ #ベルマーレ #湘南対柏 | トップページ | 「キャラクター」:上出来のサイコキラーもの   #キャラクター #映画キャラクター #菅田将暉 #小栗旬 #Fukase #高畑充希 #松田洋治 »