« ドドド怒涛の9連戦、終了   #ドドド怒涛の9連戦 #サッカー日本代表 #サッカー女子日本代表 #日本対メキシコ #日本対キルギス | トップページ | 「アメリカン・ユートピア」:キャッチーで洗練された新しいショーの発明   #アメリカンユートピア #デイヴィッドバーン #スパイクリー »

2021年6月16日 (水)

「いのちの停車場」:むしろ連ドラ用の題材では?   #いのちの停車場 #吉永小百合 #岡田裕介

1_20210616140201 映画『いのちの停車場』は、製作総指揮を務めた東映・岡田裕介会長の遺作。吉永小百合さんとの長年のコンビもここまでです。その作品が、人間の死や終末期を考える作品だったというのも、何かの符合でしょうか。

現在76歳!だという吉永さん、それをものともせずにこの役を演じてますし、演じさせてます。おそらく50代前半ぐらいの設定なのではないでしょうか? 演劇ならあることですが、映画でここまで実年齢と差のある役ってのはなかなかないですよね。だって、吉永の父親役の田中泯と同い年(3日だけ田中の方が早い)だってんだから、驚いちゃいます。石田ゆり子と自撮りをするシーンのメガネの吉永なんて、パッと見で吉岡里帆かい?ってぐらいに若々しいですもん。妖怪、いや、不思議の国の住人ですね。

ただ、映画全体としては「なんだかなあ」感が漂います。一つ一つのエピソードが全部、描き足りずに浅い感じ。また、題材が題材なだけに暗く重くならないように工夫した結果なのかも知れませんが、妙に軽くて感動できません。かと言って軽快に面白いわけでもなく、中途半端な印象を受けました。

これって、むしろTVの連続ドラマの題材だったような気がしますねえ。

 

|

« ドドド怒涛の9連戦、終了   #ドドド怒涛の9連戦 #サッカー日本代表 #サッカー女子日本代表 #日本対メキシコ #日本対キルギス | トップページ | 「アメリカン・ユートピア」:キャッチーで洗練された新しいショーの発明   #アメリカンユートピア #デイヴィッドバーン #スパイクリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドドド怒涛の9連戦、終了   #ドドド怒涛の9連戦 #サッカー日本代表 #サッカー女子日本代表 #日本対メキシコ #日本対キルギス | トップページ | 「アメリカン・ユートピア」:キャッチーで洗練された新しいショーの発明   #アメリカンユートピア #デイヴィッドバーン #スパイクリー »