« 「ウェンディ&ルーシー」:貧困と社会を描く名作  #ウェンディアンドルーシー #ケリーライカート #ミシェルウィリアムズ | トップページ | 「浮世絵を うる つくる みる」展   #浮世絵をうるつくるみる #浮世絵展 #日比谷図書文化館 »

2021年8月20日 (金)

「オールド・ジョイ」:アメリカンなワビサビ   #オールドジョイ #ケリーライカート #シアターイメージフォーラム

Oldjoy 映画『オールド・ジョイ』(2006年)を、シアター・イメージフォーラムのケリー・ライカート特集で観ました。これで今回の4作品を制覇しました(パチパチ)。

デビュー作『リバー・オブ・グラス』から12年ぶりの第2作。たった73分で、物語も男二人で車に乗って温泉に行って帰って来る、ただそれだけです。シンプルです。ただ、その中にアメリカンなワビサビがあるというか、どうにも俳句みたいな映画なんですよね。男二人の心情にそれぞれ微妙な揺れがところどころあって、ただそれを明確に解き明かしたりはせずに、そのまんまほっておくという作風。

山中のウッディな温泉小屋の場面がいいですね。空気感がリアルです。湯気もいい。あんな温泉に入れたら、気持ちいいだろうなー。近年の映画だと、こういう話はゲイ方面に行きがちなのですが、これはそうでもないんですよね(でも微妙なほのめかしがあるようでもあり…)。そこがかえって不思議な感触です。で、根底には今の社会の生きづらさみたいなものがあって、いかにも社会派ライカートって感じです。

男二人に同行するのが犬のルーシーちゃんなのですが、そう、『ウェンディ&ルーシー』のあのルーシーなのです。そうかあ、先にこっちに出てたのかあ。

 

|

« 「ウェンディ&ルーシー」:貧困と社会を描く名作  #ウェンディアンドルーシー #ケリーライカート #ミシェルウィリアムズ | トップページ | 「浮世絵を うる つくる みる」展   #浮世絵をうるつくるみる #浮世絵展 #日比谷図書文化館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ウェンディ&ルーシー」:貧困と社会を描く名作  #ウェンディアンドルーシー #ケリーライカート #ミシェルウィリアムズ | トップページ | 「浮世絵を うる つくる みる」展   #浮世絵をうるつくるみる #浮世絵展 #日比谷図書文化館 »