« 北海道展のケーキとマルセイバターサンド   #京王プラザホテル札幌のケーキ #マルセイバターサンド | トップページ | 「君は永遠にそいつらより若い」:奈緒を見る映画   #君は永遠にそいつらより若い #佐久間由衣 #奈緒 »

2021年10月 2日 (土)

「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」:風格と長さと泣ける007   #007 #ノータイムトゥダイ #ジェームズボンド #ダニエルクレイグ

1_20211002233901 映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、10月1日にようやく待望の公開となりました。当初予定の2020年2月14日全世界公開から、コロナのせいで4度ぐらい延期になったんじゃないでしょうか? まさに「ようやく」。もう一本の延期延期作『トップガン マーヴェリック』も早く公開してもらいたいものです。

待たせた御礼ってわけでもないのでしょうが、上映時間はシリーズ最長の2時間43分! いや、さすがに長かったです。ここまで長くした意味があるとは思えませんでした。そこはちょっと不満ですが、あとは概ね満足のいく出来でした。スーパー・アクション映画老舗としての風格があります。ダニエル・クレイグのボンドとしては、これが最終作。有終の美ってやつですね。でもエンドロールの一番最後には、いつも通り“JAMES BOND WILL RETURN”と出ておりました。

ダニエル・クレイグって、まだ今年53歳なんですね。60近いのかと思ってました(ちなみに前任のピアース・ブロスナンの最後のボンドは49歳、ロジャー・ムーアの最後のボンドは58歳の時でした)。2006年に『007 カジノ・ロワイヤル』で、クレイグがジェームズ・ボンドとしてデビューした時にはまだ38歳だったわけですね。お疲れさまでした。本作では、硬質&家庭的な当世風ボンドの総まとめって感じでしたし、ファッション的には『LEON』誌そのものみたいなチョイ悪オヤジなビジュアルを次々とキメていました。

今回印象的だったキャラクターは、昔ながらのボンドガール的ニュアンスを放っていたアナ・デ・アルマスと、出番多めだったQ役のベン・ウィショー。 一方、敵役のラミ・マレックや、「007」役のラシャーナ・リンチの役はもう少し膨らませてほしかったなあと思いました。あとレア・セドゥはそんなに魅力を感じないので、こんなに重要な役ってどうよ?と思ってしまいました。まあ、個人の感想です。

(以降少々ネタバレあり)それにしても、あの結末には結構びっくり。『007』なのに、そうしちゃうんだーって感じでした。そして、『007』で泣かされるとは思っておりませんでした。いやー、泣けました。

 

 

|

« 北海道展のケーキとマルセイバターサンド   #京王プラザホテル札幌のケーキ #マルセイバターサンド | トップページ | 「君は永遠にそいつらより若い」:奈緒を見る映画   #君は永遠にそいつらより若い #佐久間由衣 #奈緒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北海道展のケーキとマルセイバターサンド   #京王プラザホテル札幌のケーキ #マルセイバターサンド | トップページ | 「君は永遠にそいつらより若い」:奈緒を見る映画   #君は永遠にそいつらより若い #佐久間由衣 #奈緒 »