« 日本(サムライブルー)かなりヤバイ2敗目   #サッカー日本代表 #サウジアラビア対日本 #森保ジャパン | トップページ | 「ONODA 一万夜を越えて」:不可思議な秀作   #ONODA #一万夜を越えて #小野田寛郎  »

2021年10月 9日 (土)

「プリズナーズ・オブ・ゴーストランド」:ドイヒー&サイテー   #プリズナーズオブゴーストランド #園子温 #ニコラスケイジ

01_20211009220601 映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』は、園子温のハリウッド・デビュー作。とは言っても、準備中に心筋梗塞で入院した園を気遣って、全編日本国内での撮影になったのだそうです。

いやー、思った以上にドイヒーでした。やりたい放題というか、ノー・コントロールというか、いくら低予算のB級映画とはいえ、よくもまあ自由にやったもんです。園子温らしいカラフルでクレイジーな映像世界に『マッドマックス 怒りのデスロード』的な世界を絡ませ、場所も時代もミックスアップしたトンデモ世界を作り上げています。

ただ、その効果や切れ味がイマイチ。いや、むしろサイテーです。テンポが悪く、間が悪く、寒い風が吹いていきます。ハチャメチャで面白かったらいいんですけど、とにかくどの場面もつまらないんです。園子温の関心がビジュアルの方にだけ向かって、物語を転がす方はどうでもよくなっちゃったとしか思えません。アクションも、ニコラス・ケイジの動きが鈍重で、全然スカッとしません。チャンバラだって、『るろうに剣心 最終章』の2作品の後にこれを見ると、なんて地味で遅いんだと思えちゃいますしね。

そもそもニコラス・ケイジがカッコ悪くて地味。いくら「作品を選ばない男」でも、これはちょっとねえ…。まあ、監督と題材の相性が悪かったとしか思えませんね。ほとんど今年のワーストです。

|

« 日本(サムライブルー)かなりヤバイ2敗目   #サッカー日本代表 #サウジアラビア対日本 #森保ジャパン | トップページ | 「ONODA 一万夜を越えて」:不可思議な秀作   #ONODA #一万夜を越えて #小野田寛郎  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本(サムライブルー)かなりヤバイ2敗目   #サッカー日本代表 #サウジアラビア対日本 #森保ジャパン | トップページ | 「ONODA 一万夜を越えて」:不可思議な秀作   #ONODA #一万夜を越えて #小野田寛郎  »