« 劇団四季の「アラジン」    #劇団四季 #アラジン #劇団四季のアラジン | トップページ | 「円谷英二展」@国立映画アーカイブ    #円谷英二展 #国立映画アーカイブ #円谷英二 #特撮 »

2021年11月 4日 (木)

「老後の資金がありません!」:超ベタです!    #老後の資金がありません #前田哲 #天海祐希 #草笛光子   

1_20211104115901 映画『老後の資金がありません!』は、昨年の公開予定がコロナで延期になっていたもの。ようやく10月30日に公開されたのですが、たまたま同じ前田哲監督の新作『そして、バトンは渡された』が前日の29日公開という驚きのタイミングになりました。

まあ、普通の職人監督である前田哲ですからあまり期待はしておりませんでしたが、そんな感じにハードル下げといた方が、そこそこ楽しめる作品だと思います。なにしろ演出は今どきここまでベタにやっちゃうんだー、と思うほどベタですから。洗練とは真逆の、バカ丁寧なわかりやすさですから。

なんかふざけたキャスティングだとか、売れないお笑い芸人を多用するとか、芝居がコントみたいだとか、イラッとする所も多々あります。まあ、イラッの頂点は中盤で草笛光子さんがいろいろ引っ搔き回してくれるあたりですけどね。もう完全に天海祐希さんに感情移入して、腹が立ってしまいます。

ただ、その草笛さんが終盤に至るや見事に輝きを放つのです。さすがの実力を見せるのです。草笛さん、この年になっていい役に巡り合いましたねー。今の日本映画界においては、これだけ「おいしい」おばあちゃん役ってほとんど奇跡的なことですよ。何しろ最後には『ラストダンスは私に』まで熱唱しちゃうんですから。先ごろ米寿を迎えた草笛さん、撮影は2年前だったわけですが、それにしてもお若いです。

まあ、なんだかんだいざというときのマネー学として勉強になりました(特に前半)。そういった「学習映画」としての側面って、前田監督が昔『マルサの女2』で伊丹十三監督の助監督についた影響なんかもあるんでしょうかねえ?

 

|

« 劇団四季の「アラジン」    #劇団四季 #アラジン #劇団四季のアラジン | トップページ | 「円谷英二展」@国立映画アーカイブ    #円谷英二展 #国立映画アーカイブ #円谷英二 #特撮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 劇団四季の「アラジン」    #劇団四季 #アラジン #劇団四季のアラジン | トップページ | 「円谷英二展」@国立映画アーカイブ    #円谷英二展 #国立映画アーカイブ #円谷英二 #特撮 »